12月4日の全日本総合バドミントン選手権、女子シングルス決勝。ドロップショットの応酬や、意表を突くスペースへのショットなど、知力と体力を駆使し、互いに点を取り合う緊張感のある戦い。それを2対0で制したのは、25歳の佐藤冴香(ヨネックス)だった。

 激闘を制した佐藤だが、12年ロンドン五輪では、試合中に左膝前十字靱帯断裂と半月板損傷などの負傷で途中棄権という悔しい経験をしている。その後、1年間競技から離れて世界ランキングも300位台まで落とした。

 今年の5月には世界ランキングをやっと12位まで上げたが、11位の山口茜(再春館製薬所)には届かず、リオデジャネイロ五輪女子シングルス代表の日本人2枠目を逃していた。一時は引退も考えたというが、リオで戦う奥原希望と山口の姿を見て、「悔しいという思いが生まれて、自分はまだバドミントンをやりたいんだということに気がついた」と、競技続行を決意したのだった。

 今大会、決勝進出を決めたときは「五輪の経験もそうでしたが、茜はジャパンオープンで奥原さんに勝ったあたりから、精神的にも落ち着いてきていたし、一番になりたいという気持ちが出てきたかなと思う。彼女からみれば私は格下だから、自分がベストでいかないとボコボコにやられてしまうと思う」と気を引き締めていた。

 そして試合で佐藤は、最初からスピードを上げて攻勢に出ると、第1ゲームは序盤のリードを守って21対18で逃げ切った。第2ゲームも中盤までに11対7とリード。「第1ゲームも第2ゲームも序盤からスピードを上げると体力的にはきついから、ストレートで勝ちたいという思いがあった」と言う通り、本当にストレート勝ちで、全日本総合初制覇を果たした。

「去年のこの大会では、決勝の2ゲーム目でリードしていたのに奥原さんに逆転されたというのがあったので、今回は11対7とリードした時も『終盤まで競っていったらまだわからない』と思い、しっかり集中して粘っていこうと思った。去年は決勝に行けてホッとしていたけれど、今年は優勝を狙っていって本当に優勝ができたのがうれしい」

 すでに、4年後の東京五輪に向けての戦いは始まっているという意識を持って試合に臨んだ佐藤は、「来年からの1年は大事になると思うので、きっかけとなる全日本総合で優勝できたのは大きい。ただ、世界ランキングをみれば、まだ自分は日本の中で3番手なので......。東京に向けてもっとシード選手に勝てるようにしないといけないし、茜にも勝たないといけないと思うから、ここで勝ててよかった」と優勝を振り返った。

 一方、敗れた山口茜は、「今大会は1回戦から緊張していました。今年から社会人になって、高校生だった去年より相手に向かってこられるようになって精神的に疲れていました。ただ、その中で決勝に進めたのはよかった。今日の試合も精一杯やったのですが、佐藤さんが強くて、いつもなら決められるところを決めるのが難しかった。相手が一枚も二枚も上だったので、また一から頑張っていきたいと思います」と話した。

 福井県立勝山高校を卒業した今年、山口はリオデジャネイロ五輪に出場し、準々決勝で銅メダルを獲得した奥原希望(日本ユニシス)に敗れて5位に終わる。

 悔し涙を流した五輪の後は、9月のジャパンオープンの準々決勝で奥原に初勝利を挙げてベスト4に進出すると、翌週の韓国オープンで3年ぶりにスーパーシリーズを制覇。10月のデンマークオープンも制し、2大会連続でスーパーシリーズ優勝を果たした。上位8名のみが出場できる12月14日からのドバイ・スーパーシリーズファイナルのドバイランキングを2位にまで上げ、全日本総合も優勝候補の筆頭だった。

 しかし、その山口が大会前に「誰が優勝するかわからない状況」と話していたように、日本の女子シングルスはレベルが高い混戦となった。12月1日現在の世界ランキングでは、奥原の4位と山口の9位に続き、佐藤が14位で三谷美菜津(NTT東日本)が18位、大堀彩(トナミ運輸)が19位と、20位以内に中国の3名を上回る最多の5名がランクインしている。

 今後の目標を山口は、「東京五輪と言ってもらいたいのだと思うけど......」と微笑みながら、「個人的には五輪よりも世界ランキング1位になってみたいと思っています。近々の目標はスーパーシリーズファイナルですが、内容を重視して結果がついてくればいい。その一つひとつの積み上げが世界ランキング1位や東京五輪につながればいいと思います」と、高い意欲を口にする。

 肩痛の影響から今大会を2回戦で棄権した奥原は、「リオまでもそうでしたが、東京までの4年間も順風満帆にはいかない。壁を乗り越えて頑張っていきます」と涙を流した。

 また、準決勝で山口に2対0で敗れた三谷も「今回は内容より結果を重視して、勝ちにこだわってやろうと思っていた。その点では気持ちを強くもって最後までやれたのはよかったし、もっとうまくなりたい、もっと強くなりたいという気持ちも生まれてきた」と、14年世界選手権銅メダリストの意地を見せる。

 女子ダブルスは、リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華・松友美佐紀ペアがしっかり次へと照準を定め、まずはランキング1位で臨むスーパーシリーズファイナル2度目の優勝を目指しているが、女子シングルスでは東京五輪に向けた大混戦の厳しい戦いがすでにスタートを切っている。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi