01-vonvoyage-160923.jpg

写真拡大 (全7枚)

 スイスの山岳地帯ツェルマットの老舗名ホテル「ホテル・モンテ・ローザ」は、1853年、アレキサンダー・ザイラーにより、質素な木造ロッジとして登山家たちのためにオープンしました。1860年からは、世界的なアルピニストとして知られるエドワード・ウインパーが定宿とし、1865年7月13日に、彼はこの宿から出発しマッターホルン初登頂に成功したのです。モンテ・ローザはこの時以来、偉大な登山家の定宿として世界的な名声を得るようになり、後の登山黄金時代を支えたホテルとしてパイオニア的存在となったのです。

 老舗ホテルであるモンテ・ローザは、山岳ホテルのパイオニアとしてデビューした時代から、やがて次なる黄金期を迎えます。それは、19世紀末から20世紀にかけてのベル・エポック時代。この時代になるとホテルにはすでにブッフェやアフタヌーンティーなど、いまや世界中のホテルがあたりまえのようにサービスするホテル文化の概念を宿し、すでに提供していた事実には驚くばかり。そんな至極のホテルには、いまなお、日本の多くの登山家やホテルファンが泊まりに訪れています。

モンテ・ローザのリッチな朝食。 Photo: Hotel Monte Rosa

山小屋らしい温もりの木造スーペリアルーム「ENZIAN(リンドウの花)」。 Photo: Hotel Monte Rosa

夏の間オープンされるテラスレストランが人気。 Photo: Hotel Monte Rosa

 スイスアルプスの中でも圧倒的に人気の高い山マッターホルン(標高4,478m)は、その姿に敬意を払うほど神々しさに溢れています。天を突き刺すような雄壮な形、夏でも解けない万年雪、人を寄せ付けようとしない猛々しさに溜息が出ます。そのマッターホルンの麓にあるのがツェルマット村(標高1,620m)であり、ヴァレー州の典型的な伝統を宿しています。古くから環境保全を訴える村には、ガソリン車は商用車以外村に入れません。だからホテルの送迎も電気自動車や馬車が対応し、それが観光的にも情緒溢れる姿になっています。

めったに見られない赤い山肌、夕焼けに赤く染まるマッターホルン(2016年7月)。 Photo: Barbara Zaugg

夏はこうしてマッターホルンを前に付近を爽快にハイキング。 Photo: Kyoko Sekine


 ホテル館内には昔ながらの家具・調度品が残され当時の面影を残しています。レストランは3カ所、夏はテラスレストランもオープン、今年は、稀な現象である夕陽に染まった"赤いマッターホルン"を見ることに成功しました。マッターホルンとともにあるホテルはいま、清々しい夏が過ぎ去り紅葉の秋に突入。間もなく訪れる白銀の冬に向けてゲストを迎える準備中です。(K.S)

(参考記事)自由な感性が光る旅館、雪と緑のシーン。

秋のモンテローザとマッターホルン。夏が終わり秋の宵闇の頃、雲に隠れるミステリアスな光景。 Photo: Hotel Monte Rosa

冬のモンテローザとマッターホルン。白銀に包まれたツェルマット村と美しいマッターホルン。1年のうちでスキーの季節が村の最盛期。 Photo: Hotel Monte Rosa

(参考記事)海のない山岳国に水上ヴィラ。まるで気分は地中海リゾート!


Hotel Monte Rosa
Bahnhofstrasse 80, CH-3920 Zermatt
Switzerland
Tel: +41-27-966-03-33
http://www.monterosazermatt.ch/en
部屋数:41、施設:レストラン、テラスレストラン、バー、ライブラリィ、会議室、他、
スパ(姉妹ホテルMont Cervin Palace提供)
室料:参考価格/CHF290〜CHF1080(2名・ブッフェ朝食付室料)
アクセス:ツェルマット駅徒歩5分
問い合わせ先:直接現地へ、info@monterosazermatt.ch
または日本の各旅行代理店

※無断転載禁止

※当記事は「madame FIGARO.jp」からの転載記事です。

せきねきょうこ ※madame FIGARO.jpより転載