人からすれば、そんなに大したことじゃなくても、それが自分にとってはとんでもなくイヤなことだったりすることってありますよね? 今日は新婚ほやほやのお嫁さんたちに旦那さまにされて腹が立ったことについて聞いてまいりました! イチャイチャ・ラブラブしているだけでは許されない現実がそこにはありました。ではいってみましょう。

1: ケータイを操作される

ケータイは、プライバシーが具現化したようなもの。結婚したからといって、無断で触っていいものではないのです。画面の表示が目に入ったからと言って口にしたり、インターネットの検索をしたりすれば、怒り心頭されても文句は言えません。触らぬ神にたたりなし。

2: 洗い物を放置する

台所の洗い場におきっぱなしのカップやお皿は、どうしても目につきますね。花嫁さんたちは思っているのです。「ねぇ、そこに置いてあるソレ、あたしに洗えってことかしら?」と。

3: 行動をチェックされる

「愛しの我が嫁はなにをしているのだろうか?」気になるお気持ちはわかりますが、逐一行動をチェックするのはぞっとしませんか。嫁の観察日記でもつけるおつもりか。そのうち、朝顔の種をプレゼントされてしまいますよ。
「定期的に『今、なにしてるの?』と聞いてくるのがイヤ」という声もありました。熱烈な愛ですが、それはストレスでしかないようです。自立した大人同士ですから干渉されすぎると負担にしかなりませんよ。

4: 食べたものをチェックされる

会話のなかで、「今日はなにを食べたの?」と聞きあうのならば微笑ましいのですが、ゴミ箱を見て「今日はパンで済ませたね?」とチェックされたという声が……。ちょっと、怖いですね。放っておいてあげて!!

5: 寝る前の構ってアピール

寝る前に、スキンシップをはかることはとても素敵ですね。新婚ならでは、ですし、その濃密な時間というのは、時がすぎていくにしたがって少なくなります。大切にしていただきたいもの……と言いたいところなのですが、度がすぎると安眠妨害認定される模様。世知辛いです。

6: 荷物を移動したら怒る・荷物を片付けてくれない

結婚すれば二人分の荷物がひとつ屋根の下にあるわけですから、多少は動かしますよね。怒るなら、片付けられるまえに、なんとかしていただけないものか。

7: 好みでないメニューに対していやそうにする・残す

お残しはゆるしません!! 某食堂のおばちゃんが怒っちゃいますよ。いやいや食べろとは言いませんが、平気な顔をして食べたあとに、「アレ苦手かも、ごめん」といえる男気をアラサー女子は望みます!

8: 着古した衣服を捨ててくれない

その着古しを洗濯すると、ホコリがほかの衣服にもつきますし、それをとるだけでも一苦労。公害でしかありません。

9:トイレが汚い・汚れても掃除をしない

アラサー女子を代表して申し上げます。ご自身で汚したモノくらいご自身で処理なさいませ!!

10:食事中にずっと仕事のグチを聞かされる

グチを聞くために一緒にいるんじゃないのですけれどね。本当につらいですね。

いかがでしたでしょうか?
花嫁さんが旦那さまにされて腹が立ったこと10連発でした。彼女たちの怒りっぷりが文字からでも伝わったでしょうか? やはり、結婚をすると、今までみえていたかったことがいやでも見えるようになりますし、がっかりしたり、ショックを受けることもたくさんあるようです。結婚を目前にされているみなさま、もし、このようなことが起こったとしても落ち込まないでください! どうやらみなさんが通る道、ひとりではございません。