「ミッシングナイン」チョン・ギョンホ、スチール写真を公開…飛行機墜落事故に“憔悴しきった顔”

写真拡大

MBCの新水木ドラマ「ミッシングナイン」(脚本:ソン・ファンウォン、演出:チェ・ビョンギル) の制作陣がスチールカットを公開した。

「ミッシングナイン」は、前代未聞の飛行機事故で無人島に漂流した9人のサバイバルを描き、無人島で露わになる人間の本性と隠蔽された真実、飛行機事故による社会各層の葛藤と心理戦を綿密に描いていく作品だ。

男性主人公のチョン・ギョンホは「ミッシングナイン」で、最初の行方不明者ソ・ジュノ役に扮する。売れっ子だったが、人生のどん底に落とされた色んな事件に巻き込まれ、現在は生計型芸能人として芸能生活を続けている。

だが、飛行機墜落事故でによって彼の人生は再び窮地に追い込まれ、命まで危うくなる状況に置かれるなど、様々な不幸がソ・ジュノを襲う。公開された写真の中でも、信じがたい現実に置かれた心境をそのまま表現しており、さらに期待を高める。

特にチョン・ギョンホは無人島で意思は強いものの、生活力はゼロであるソ・ジュノの姿を繊細に表現し、注目を集めている。時代劇からラブコメまで、ジャンルを問わない彼の演技力が本作で真価を発揮するという。

「ミッシングナイン」の関係者は「華やかに見えた芸能人がどん底に落ちた後の哀歓、飛行機墜落事故で再び迎えた人生の暗黒、無人島で露わになった生活力まで、ソ・ジュノというキャラクターは人生の壁に直面して成長していく人物だ」と紹介した。

「ミッシングナイン」は「ラブリーアラン」「愛してもいいんじゃない」などを手がけたチェ・ビョンギル監督が演出を担当し、「元カレは天才詐欺師〜38師機動隊〜」「バッドガイズ-悪い奴ら-」などを執筆したハン・ジョンフン脚本家がクリエーターとして、「ラストダンスは私と一緒に」を共同執筆したソン・ファンウォン脚本家が意気投合した。

チョン・ギョンホの他に、ペク・ジニ、オ・ジョンセ、チェ・テジュン、イ・ソンビン、EXOのチャンヨル、ヤン・ドングンなどが出演する「ミッシングナイン」は2017年1月に韓国で放送される。