PENTAGON、2ndミニアルバム「Five Senses」ショーケースを開催“準備過程が大変だった”

写真拡大

ボーイズグループPENTAGONが覚悟を伝えた。

6日の午後、ソウル広津(クァンジン) 区広壮洞(クァンジャンドン) にあるYES24ライブホールでは、PENTAGONの2ndミニアルバム「Five Senses」のショーケースが開催された。

約2ヶ月ぶりに超高速でカムバックしたPENTAGONは「以前のデビュー曲『Gorilla』の活動と同時に新アルバムを準備したので、大変だった」と話した。このため今回のアルバムには自作曲やダンス制作など、積極的に参加することができなかったという。

続いてPENTAGONは「次のアルバムでは、僕たちの血と汗を入れた作品を作ることができるだろう」と付け加えた。

PENTAGONの今回のタイトル曲「Can you feel it」は、ラッパーラインのメンバーであるイドン、ウソク、ユウトが直接ラップメイキングに参加したミディアムテンポのヒップホップスタイルの曲で、強いビートとイントロの軽快なギターリフ(繰り返されたり印象に残るギターの旋律) 、パワフルなブラスサウンドが調和をなし、中毒性のあるリフレイン(繰り返し) が印象的な曲だ。