イタリアのスーパーカーと聞いて、真っ先に思い浮かべるのは「フェラーリ」でしょう。真っ赤なボディに轟く爆音と、ただそこに佇んでいるだけでも存在感はハンパないクルマです。

現在でも「488GTB」や「カリフォルニアT」「GTC4ルッソ」さらには「F12ベルリネッタ」など、様々なモデルをラインナップしていますが、お値段は軽く2000万円を上回るものばかり。とにかく見た目も走りも価格までも超ド級のブランドです。

では、そんなフェラーリの頂点に輝くモデルとは?

それが、「LaFerrari (ラ・フェラーリ)」です。

1

最大の特徴はフェラーリ初のハイブリッドを採用している点であります。6262ccもの大排気量を誇るV型12気筒エンジン(800ps/700Nm)に163psを発揮するモーターを組み合わせて、システムは最高で963ps/900Nmを達成。100km/hまでは3秒を切り、15秒で300km/hに到達します。

全世界で限定499台が販売され、1億6000万円という価格にも関わらず、日本では45台が販売されたといいます。

しかし、今回、RM サザビーズとナショナル・イタリアン・アメリカン・ファンデーションのアースクウェイク・リリーフ・ファンドの協力のもと開催されたオークションにて競売にかけられた「LaFerrari (ラ・フェラーリ)」は、先に販売された499台とは異なる、500台目の「LaFerrari (ラ・フェラーリ)」。

実は今年8月に起きたイタリア中部地震のチャリティのために500台目が生産され、フロントフードとリアウインドシールド・トリムにホワイトのドリームラインがあしらわれたほか、ボンネットの先端にはイタリア国旗を配置。フェラーリから母国イタリアへの贈り物であることを示唆した世界に1台だけの「LaFerrari (ラ・フェラーリ)」なのです。

その落札価格は700万ドル(約7億9500万円)で、オークション・セールスの自動車記録を塗り替えました。なお、収益は全額が復興支援に充てられるとのこと。

(今 総一郎)

1億6000万円のLaFerrari (ラ・フェラーリ) が7億9500万円で落札!? その使い道に感動!(http://clicccar.com/2016/12/06/423882/)