スーパーにも並ぶ、身近な存在に

写真拡大

ぐるなび総研は、今年の日本の世相を反映し象徴する2016年「今年の一皿」に「パクチー料理」を選定しました。

2016年はまさにパクチー飛躍の年。エスニック料理の「薬味」としてのポジションから、「主役」に転じました。山盛りのパクチーサラダを始め、鍋、カクテル、スイーツ、スナック菓子など、バリエーションも豊かになり、香りや味わいに魅了される「パクチスト」が激増しましたね。

準大賞に選ばれたのは日本が誇る...

3回目を迎えた「今年の一皿」は、その年に話題になったことに加え、社会の動きと関係が深く、世相を反映し、さらに食文化の記録として後世に受け継ぐ価値があることを基準に選定します。

飲食店情報サイト「ぐるなび」にアクセスした月間5700万人のユニークユーザーが検索したビックデータと1448万人のぐるなび会員を対象としたアンケート結果から、今年話題となったキーワードを複数抽出。さらにメディア関係者審査を経て、15のノミネートワードから選ばれます。

パクチーのほかにも注目されたグルメはたくさんあります。

準大賞に選ばれたのは「日本ワイン」。国税庁の定義では、「国産ブドウのみを原料とし、日本国内で製造された果実酒」とされ、海外原料を使用して国内で製造されたワインと区別しています。5月の「伊勢志摩サミット」で各国首脳に出されたこと、世界最大規模のワイン国際コンクールで受賞したことなどで注目を集めました。

そのほか、特別国際賞には、夏に国際的なスポーツの祭典が開かれたブラジルの「シュラスコ」、特別賞には「こうじ甘酒」「進化形餃子」「ローストビーフ丼」の3つが選ばれています。

「ローストビーフ丼」「機能性チョコレート」そういえば流行ったよね

パクチー料理は納得の結果でしたが、ノミネートされたほかのワードも負けず劣らず。SNSやグルメ情報サイトで話題になったものばかりです。

ほかにノミネートされたのは......、

「伊勢うどん」「牛かつ」「熊本ラーメン」「しらす丼」「チョップドサラダ」「ローストビーフ丼」「カフェインレス飲料」「機能性チョコレート」「強炭酸ドリンク」「コーヒー」。

あなたのお気に入りはありましたか? こうやって1年を振り返るのもなかなかオツですね。