11月9日に行われた米国の大統領選挙が終わるや、ドルが買われ、株価も大きく上昇。トランプ大統領の誕生は、世界経済全体に大きな変化をもたらすのではないかとさえ言われている。外為オンラインアナリストの佐藤正和さん(写真)に、12月の相場動向について話を伺った。

写真拡大

 11月9日に行われた米国の大統領選挙は、世界中に驚きと衝撃を与えた。過激な言動で「アメリカファースト」を唱え、米国の栄光を取り戻すと訴えたドナルド・トランプ氏が、次期米国大統領となった。事前の予想では為替、株式ともにドルが売られて円高が進み、株安になるのではないかと見られていた。しかし、選挙が終わるや一転してドルが買われ、株価も大きく上昇。トランプ大統領の誕生は、世界経済全体に大きな変化をもたらすのではないかとさえ言われている。外為オンラインアナリストの佐藤正和さん(写真)に、12月の相場動向について話を伺った。

――トランプ大統領の登場は、為替市場にどんな影響をもたらすのでしょうか?

 トランプ大統領の可能性は、メディアや政治学者もほとんど予想しておらず、大きなサプライズとなりました。トランプ氏優勢が伝えられた直後、当初予想された通りドルが売られて一時1ドル=101円台前半をつけ、日経平均株価も一時1000円超の下落になりました。

 ところが、トランプ氏の勝利が確実となり勝利宣言を行った直後から、ドルが買われて株式市場も大きく値上がり。トランプ政権の政策の中に大型減税や財政出動があり、当面は米国経済が上向くという予想が働いたため、ニューヨークダウやナスダックは、連日史上最高値を更新するなど「トランプラリー」が続いています。

 こうした想定外の動きは、為替市場や株式市場で投資家を混乱させ、とりわけFX市場では判断を誤った人が多かったようです。トランプ勝利を予想できなかったこと、そしてその後の相場展開でもドル安円高、株安が進むと予想。2つの判断ミスが重なって真逆の相場展開になってしまいました。米国の大統領選挙の結果が、ここまで金融市場に影響を与えた記憶はなく、今後もトランプ氏の動向に振り回される展開になるかもしれません。

――1月からトランプ政権が動き始めますが、それまで市場はどう動くのでしょうか?

 トランプ大統領の就任式は、来年1月20日になりますが、それまでは国務大臣の人事や政策方針などが断続的に発表されることになります。新しい情報が流れてくるたびに、金融市場が揺れ動く可能性があります。

 そもそもトランプ氏は選挙中に様々な項目を約束しており、就任と同時に「TPP脱退を表明する」と発表するなど、選挙前と変わらぬ過激さを見せるかと思うと、「オバマケアは一部を残す」など現実路線を使い分けています。大型減税や財政出動は「ドル高円安要因」となり株式市場も買われますが、保護貿易の動きは逆に「ドル安円高要因」となり株価は下がることになります。

 大統領就任式での演説で何を語るかが注目されますが、12月中にも様々な情報が漏れ聞こえてくるため、きちんと情報を把握して市場の大きな動きに対応したいものです。いずれにしても、ボラティリティの大きな相場になることは覚悟すべきでしょう。

――12月はFOMCなど様々イベントがありますが、ドル円のレンジは?

 トランプ政権誕生前の準備期間ですが、12月中にも様々なイベントがあります。たとえば、FRBが金利引上げの目安とする「雇用統計」は、12月2日に発表された11月の「非農業部門雇用者数」で17万8000人増。失業率は4.6%と9年ぶりの低水準でした。市場予想の18万人には届きませんでしたが、これで12月13日-14日に開催されるFOMC(連邦公開市場委員会)でFRBが金利を引き上げてくることは確実と言って良いと思います。

 レンジとしては、ドル円で1ドル=108円-116円と見ています。FOMCに続いて、日本銀行の金融政策決定会合も12月19日-20日にありますが、動きはないと思います。トランプ政権がどんな金融政策を展開するのか、見極める必要があります。