近寄るなっ!「サゲマンな女性」の特徴6つ!

写真拡大

一緒にいるだけで運気が下がり、つられるようによくない方向へ向きやすいと言われるサゲマンな女性。男性からは、どのような女性がそう見られているのでしょうか? 働く男性に、サゲマンな女性の特徴について聞いてみました。

■自分のことしか頭にないような女性

・「自分勝手なことくらいしか思いつかない」(33歳/商社・卸/事務系専門職)
・「自分のことだけを押しつけて人をダメにする」(35歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

自己中心的で自分勝手な女性は、サゲマンな女性の可能性が高いと多くの男性が思っているようです。彼氏の都合なども考えず、自分本位な行動ばかり取るため、男性の行動を狭めたり足かせになってしまうこともあるようです。

■ネガティブな思考や発言が目立つ女性

・「考え方がネガティブ。一緒にいる自分まで気落ちしそうだから」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「ネガティブな発言が多く目先のお金のことを中心に考えている」(38歳/金融・証券/営業職)

ネガティブ思考な女性も、サゲマンな女性にありがちな特徴だと思われているようです。一緒にいるだけで、なんだか同じくネガティブ思考になってしまうようなこともあるのではないでしょうか?

■ワガママで独りよがりな女性

・「ワガママな女性。独りよがりで周りのことを考えてないため、近くにいる人間が不幸になるから」(37歳/情報・IT/技術職)
・「ワガママで独りよがりな女性。男性が振り回されるので、活躍できなくなると思うから」(37歳/情報・IT/技術職)

ワガママばかり言うような女性は、付き合っている男性を振り回してしまいがちです。このような女性は、男性にいい影響を与えるとはいえず、サゲマンな女性といわれても仕方がないかもしれません。

■怒りっぽい女性

・「怒りっぽい。面倒になってくる」(33歳/建設・土木/事務系専門職)
・「怒ってくる。へこむのでイヤになる」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

常にイライラして怒っているような女性は、マイナスな感情の塊のような状態にあります。一緒に行動していると、男性側もイライラしてしまうこともあるのではないでしょうか? こうした女性もサゲマンの特徴たっぷりだと言えそうです。

■浪費家タイプの女性

・「ブランド好き。自身が楽しむことを最優先する」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「男性の足を引っ張る。浪費癖がある」(27歳/学校・教育関連/その他)

浪費家タイプの女性には、付き合う男性の資産もまるで自分のものであるかのように錯覚している人もいます。当然、こうした女性と付き合っていると金銭感覚はマヒし、資産は減っていく一方です。こうしてみてもわかるように、浪費家タイプの女性はサゲマン女性といってもよさそうです。

■暗い印象の女性

・「自信がない人だとこちらも気落ちする。って自分も気落ちさせてきたんだろな」(38歳/自動車関連/事務系専門職)
・「表情が暗く、人とあまり接しない人。気持ちが暗くなる」(33歳/運輸・倉庫/その他)

自分に自信がなさすぎる女性や、暗い表情ばかりしている女性と共に過ごしていると、男性側も気分がふさいでしまいがちです。結果、建設的な思考ができなくなるなどの悪影響も出てしまう可能性があるのですね。

■まとめ

サゲマンな女性と共に過ごしていくと、気分が落ち込みやすくめいってしまうようなことが多く起こりがちです。このような生活を続けていくと、男性自身もネガティブな思考に陥ってしまう可能性もあるのです。結果として、体調不良をまねいたり、失敗続きになることもありますので、サゲマン女性と関係を持つ際は、注意が必要かもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数124件(22〜38歳の働く男性)