今年も本命は青学か(箱根駅伝栄光の碑)

写真拡大

 箱根駅伝本番までいよいよ1か月を切った。お馴染み「EKIDEN NEWS」の“博士”こと西本武司氏は、箱根ランナーたちの仕上がりを見るため、毎週のように開かれる記録会、大会に足を運んでいる。だが、今年は“重大レース”の日程が重なるという事態が起きた。彼らはその日を一体、どう乗り越えたのか。

 * * *
 11月26日、私と相棒のマニアさんは法政大学多摩キャンパスに足を運んだ。都心から電車とバスで1時間半。国内の陸上長距離レースの中で最も好タイムが期待される「八王子ロングディスタンス」(主催・東日本実業団陸上競技連盟ほか)を見るためだ。

 この1万m記録会には、近年の箱根を彩ったスターが勢揃いする。2015年箱根で1区区間賞の中村匠吾(駒澤大出身、富士通)や東洋大で2012年から3年連続区間賞の設楽悠太(Honda)など名前を挙げればきりがない。今年は日本記録保持者の村山紘太(城西大出身、旭化成)が見事なスパートを見せ、日本人トップでゴール。来年のロンドン世界陸上の参加標準記録(27分45秒)を突破した。

 その猛者の中に昨年、「青学四天王」と呼ばれた1人の小椋裕介(ヤクルト)がいた。レース後の小椋が、こんな言葉を口にした。

「後輩の田村(和希、青学大3年)に抜かれました」

 ほぼ同時刻、田村は慶応大日吉キャンパスで行なわれていた「1万m記録挑戦競技会」(関東学生陸上連盟主催)に出走していたのだ。青学大の主力が出場した日吉の情報が、次々と八王子にも伝わってきていた。

 全日本駅伝2区で7人抜きの快走を見せた田村は好調そのままに28分18秒31を記録。自己ベストを28秒も更新し、2年前の主将・藤川拓也(現・中国電力)の学内記録を塗り替え、小椋の自己ベスト(28分18秒48)も抜き去った。

 八王子に届いた情報は衝撃的だった。青学大はルーキー鈴木塁人や主将の安藤悠哉(4年)が自己新を出し、上位10人中6人を独占。昨年の四天王から神野大地(コニカミノルタ)、久保田和真(九電工)、小椋の3人が抜けた穴を補って余りある選手層を見せつけた。

 昨年の四天王で唯一残った一色恭志(4年)は自己ベスト更新とはならなかったが、むしろ青学大が走力を増すのはここからだ。

「青学の富津合宿はエゲツないですよ」

 八王子の会場でそう証言したのは2011年に国学院大で10区を走った寺田夏生(JR東日本)だ。大手町のゴール目前で直進するはずの交差点を中継車につられ右折した逸話から、私たちが「寺田交差点の寺田」と呼ぶ“伝説の男”だ。寺田の所属するJR東日本も青学と同じ千葉・富津で合宿を組んでいる。

「一色は富津でロード5000mを2本走り、設定14分10秒のところを13分台で帰ってくるんです……」

 実業団選手でも舌を巻く厳しい練習を王者・青学は乗り越え、本番に臨むのだ。

 富津はこの時期も寒すぎず、信号のない道でロード練ができるので、箱根出場校が数多く合宿を張る。駅伝好きなら別荘を構えたいほど絶好の観察スポットだ。青学大の残りの課題といえば、秋山雄飛(4年)や池田生成(同)らチームに安定感をもたらす最上級生の仕上がりくらい。

 一方、八王子LDで1万mの27分台突入を狙った東洋大・服部弾馬(4年)は全日本駅伝の疲れが抜けきれなかったのだろう、29分台に沈んだ。高校時代から一色と同世代トップを競ってきた服部だが、八王子と日吉で明暗は分かれた。「トラックで世界を狙う」ことと箱根の両立の難しさを、改めて実感させられる。

※週刊ポスト2016年12月16日号