好多音楽提供

写真拡大 (全2枚)

(台北 6日 中央社)日本で撮影が行われた歌手ウェイ・ルーシュエン(魏如萱)の新曲「一万個不回頭的方法」のミュージックビデオ(MV)がこのほど公開された。MVにはルーシュエンが千葉・九十九里浜や東京・渋谷、新宿、銀座などを歩き回る姿が映し出されている。

監督を務めたのは、音楽アワード「MTV VMAJ 2016」で邦楽新人アーティストビデオ賞にノミネートされたMitch Nakano。ルーシュエンがチームを従え海外でMVを撮影するのは初めて。当初は観光も兼ねようと考えていたものの、実際は監督によって撮影のスケジュールがびっしりと埋められており、各地を駆けずり回ることになってしまったという。

九十九里浜では、美しいシーンに仕上げるために、冷たい風が吹く中、薄手のブラウスを着用して撮影に臨んだルーシュエン。鼻水を垂らしながらも必死に歯を食いしばり、寒さに耐えていたという。だが、完成したシーンを見て、その甲斐があったと思ったと明かした。

最も印象に残っているのは、歌舞伎町での撮影。通行客を驚かせないよう、監督自身がカメラマンを務め、路地でロケを敢行した。ルーシュエンは、とても味わい深かったと語った。

(呉ワンテイ/編集:名切千絵)