写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は6日、小型車「ノート」が2016年11月の国内販売で1万5,784台を記録し、軽自動車を含めた全銘柄のランキングで初めて1位になったと発表した。

日産「ノート」は11月2日に発売され、約3週間後の11月23日に月間販売目標の2倍となる2万台以上の受注を獲得している。新たに追加した新電動パワートレイン「e-POWER」が高い評価を得ており、7割以上が「e-POWER」搭載グレードを選んだという。

これを受けて日産自動車は、「国内の小型車市場における厳しい競争環境において、首位の座を獲得できたのは、e-POWERの100%モーター駆動ならではの力強くスムーズな走行性能と優れた静粛性に加え、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速までを意のままに行うことが出来る利便性が評価されたことによります」と説明している。

「e-POWER」投入を機に「ノート」自体が再び注目され、室内の広さや先進安全性能が改めて広く評価されたことも、11月の国内販売1位に大きく貢献している。国内販売を担当する日産自動車専務執行役員の星野朝子氏は、「e-POWERを試乗した多くのお客さまが、e-POWERに"惚れて"購入してくださると聞いています。まさに、『技術の日産』を高く評価して頂けた証だと自負しております。今後も多くのお客さまに、素晴らしい商品を提供していきたいと思います」と語っている。

(上新大介)