11月12〜13日にツインリンクもてぎで開催されたSUPER GT グランドファイナルと併催となった、FIA-F4選手権。熊本地震の影響で中止となった第6戦を加えた3連戦という忙しいスケジュールとなり、第6戦と第13戦の予選は11日に行われることとなりました。

1

結果を先に言ってしまうと、FTRSスカラシップの17歳、宮田莉朋選手が最終第14戦の順位によりチャンピオンを決めました。

金曜日の11日に行われた予選では各選手のトップタイムが第6戦、セカンドタイムが第13戦のスターと順位となる方式。なお第14戦のスタート順位は第6戦のベストラップが採用されるという方式となります。

11日に行われた予選では、第6戦、第13戦ともに11号車 エヴァRT弐号機 tanzen Rn-sの大湯都史樹(おおゆ としき)選手がポールポジション。

 

12日の朝の第6戦と夕方の第13戦のグリッドではエヴァ旋風が巻き起こります。

12日、SUPER GTの公式予選が終わった午前9時49分、第6戦決勝のフォーメーションラップがスタート。

前日からの雨は上がっていたものの路面はハーフウェットのコンディションで各マシンはタイヤチョイスに悩むところ。ポールポジションの大湯選手、予選2番手でポイントリーダーの36号車 宮田選手などはレインタイヤを装着。スタートはレインタイヤ勢が好スタートを切っていきました。

しかし2周目の第1コーナーで4番手争いのマシンがスピン、コースアウト。この区間がイエローフラッグとなり、絶好のパッシングポイントが封じられてしまいます。ただしセーフティーカーの導入にはならずレースは続行。3周目に入る頃の順位も予選順位から2位と3位が入れ替わっただけ。

しかし、中盤グループにとどまっていたスリックタイヤ勢がこの辺りからタイムを伸ばし始めていきます。

 

レース中盤、路面がドライになり始めたあたりでスリックタイヤ勢が圧倒的な速さで順位を大きく入れ替え、トップには60号車 川合孝汰選手、2位に4号車 河野駿佑選手が上がってきます。

そして最初に2分を切って周回を始めた62号車 平木湧也選手がベストラップをマークしながら3位に浮上。このタイムで第14戦の2番グリッドを獲得します。

中盤以降、コースがドライ路面になったことによりスリックタイヤを選択した選手が上位を占め、第6戦は60号車 川合孝汰選手が優勝。

2位に河野駿佑選手、3位に平木湧也選手となりました。

12日のSUPER GT第3戦終了後に開催された第13戦は完全なドライコンディション。

スタートはポールポジションの大湯選手が出遅れ、2番手の宮田選手がイン側から、3番手の9号車 阪口晴南(さかぐちせな)選手がアウト側から大湯選手をかわして前へ出ます。

宮田選手は阪口選手を汽魁璽福爾波瓦、2コーナーをトップで抜けますが、3コーナーで再び阪口選手がトップ、その後の5コーナーでは大湯選手が宮田選手をかわし、宮田選手は3位後退と、1周目から激しいバトルが展開。

大湯選手と宮田選手はチャンピオン争いがかかっているだけに、その後も激しいバトルを展開します。5周目の第1コーナーでは宮田選手が大湯選手を抜き2位に浮上。

7周目には宮田選手は阪口選手をとらえるも、両者接触。宮田選手は右側のフロントウイング翼端板を失います。そこに大湯選手が襲いかかり2位浮上。しかし翌周の90度コーナーでコースアウト。すぐに復帰しますが宮田選手が前に出て再び2位へ。

その後も宮田選手は猛追しますが、阪口選手が今期初優勝でチェッカー。2位に宮田選手、3位に大湯選手が入賞し、ポイントランキングは宮田選手142ポイント、阪口選手138ポイント、大湯選手125ポイントでこの時点でもまだチャンピオンは決定しません。

第14戦は第6戦のベストラップで予選順位が決まるため、チャンピオン争いの3名は後方からのスタートとなるために、どこかで大きくジャンプアップを果たさないと宮田選手のチャンピオンが優勢となります。

第14戦は13日、SUPER GT最終戦の予選後に行われました。ポールポジションは16号車篠原拓朗選手。WEC世界耐久選手権 富士6時間レースでグリッドボーイに抜擢されるなど、成績としては現われていませんが、一発の速さの面では注目の選手です。

2番グリッドは第6戦で3位となった平木湧也選手。8月7日の富士、第10戦で優勝した経験もあり今戦では大注目。

3番グリッドは第6戦で2位となった河野駿佑選手。

チャンピオン争いの3選手は大湯選手が20番手、宮田選手が25番手、阪口選手が33番手とかなり後方からのスタートとなります。

第14戦で好スタートを切ったのは平木選手。第1コーナーまでにトップに躍り出ます。

しかし最終戦ともなると各選手がヒートアップ。オープニングラップのヘアピンでアクシデントが起こりいきなりセイフティーカーが導入されます。

リスタートを切ったのは3周目、平木選手はトップを維持しますが、篠原選手は1秒未満で平木選手を追い、かなりの接近戦でプレッシャーを与え続けます。

この接近戦に50号車 澤田真治選手が加わり、3台が1秒未満の争いで周回が進んでいきますが、どれも前を走るマシンを捕まえるにいたりません。

結果的に3台が接近戦を繰り広げながらも順位が変動せず、平木選手がトップでチェッカーをくぐります。

平木選手にとっては今期2勝目。

この3連戦でただ一人、複数回(2回)の表彰台となりました。

チャンピオン争いは大湯選手が10位、宮田選手が11位と大湯選手が前に出ましたが、ポイントは1ポイントを獲得したにとどまりポイントランキングは変動なしで、宮田選手が2016シーズンのチャンピオンとして名を刻むこととなります。

今シーズンは8月の富士3連戦で最年少優勝と最年少連勝記録を果たした宮田選手が、最年少でシリーズチャンピオンを獲得という、ヤングバトルが繰り広げられるFIA-F4らしい展開となりました。

来年も新たなヤングファイターが多数登場することが期待されるFIA-F4。楽しみなレースシリーズですので、皆さんもSUPER GTとともにぜひご観戦、応援をお願いいたします。

(写真・文:松永和浩)

FIA-F4もてぎ3連戦。2016年のシリーズチャンピオンは17歳の宮田莉朋!(http://clicccar.com/2016/12/06/422847/)