アルゼンチン遠征前に千葉県内で行われた練習で汗を流すU-19日本代表FW久保建英

写真拡大

 アルゼンチン遠征中のU-19日本代表は5日、U-19アルゼンチン代表と国際親善試合を行い、1-2で敗れた。同代表は7日に再びU-19アルゼンチン代表と対戦する。

 日本サッカー協会(JFA)によると、序盤からアルゼンチンに攻め込まれた日本は前半13分、自陣PA内でクリアしようとしたボールが寄せてきた相手FWに当たってゴールラインを割る不運な形で、先制を許してしまう。

 0-1とリードされたまま後半を迎えると、同4分に守備陣でのパス回しが乱れて相手に奪われると、クロスからPA内に入った相手選手を倒してしまいPKを献上。これを沈められてリードを2点差に広げられた。

 2点をリードされた日本は後半15分にMF遠藤渓太と“飛び級”で選出されているFW久保建英を投入すると、同20分に久保が仕掛けたドリブルのこぼれ球に反応したMF原輝綺がミドルシュートを叩き込み、1点差に詰め寄る。しかし、その後はゴールを奪えずに1-2で敗れた。

 以下、試合記録(日本のみ)

■U-19アルゼンチン代表 2-1(前半1-0) U-19日本代表

【得点】

13分:失点

49分:失点

65分:原輝綺

【出場選手】

GK:山口瑠伊(46分→若原智哉)

DF:柳貴博、橋岡大樹(75分→冨安健洋)、町田浩樹、浦田樹

MF:長沼洋一、市丸瑞希、原輝綺、黒川淳史(60分→遠藤渓太)

FW:和田昌士(60分→久保建英)、中村駿太

【サブメンバー】

GK:小島亨介

DF:藤谷壮、板倉滉、中山雄太、舩木翔

MF:坂井大将、三好康児

FW:小川航基