目標達成のプロセスを変える「ゲーミフィケーション」活用法

写真拡大

あなたはチームが目標を達成するのを手助けするために”ゲーム”を利用しているだろうか。

ゲーミフィケーション(ゲームではない状況でゲームのデザイン手法を利用すること)は健全な競争や学習、コミュニケーションやインセンティブをもたらす。適切に利用すれば目標達成方法を一変させ得るのだ。

職場におけるゲーミフィケーションの威力

ゲームは10代の若者だけのものではない。約1億5,500万人のアメリカ人が1週間に3時間以上をゲームに費やしており、ゲーマーの平均年齢は35歳だ。おそらくあなたのチームの中にも、娯楽目的でゲームをしているメンバーが数人いるだろう。

彼らがゲームに向けるその意欲をチームの目標達成に利用するのだ。ゲームは、私たちの中にある”競争して勝ちたい”という思いを刺激する。

ビジネスでもゲームの仕組みを用いれば、目標を到達するまでの過程がより楽しくなり、熱心に取り組めるようになる。個人レベルでもチームレベルでも、目標達成のために新たなスキルを学んだり、異なるスキルを組み合わせて使ったりする上で役立つ。

目標達成のために取り入れられるゲームの方式や理論は数多くあるが、手始めにいいものを以下に挙げる。

ポイント制:チームのメンバーが目標を達成(課題をクリア)したら、一定のポイントを獲得することができる。

レベル制:累積ポイントに応じてレベルアップできる。

バッジ制:達成した内容に特有のバッジを獲得できる。

ステータス制:特定の成果を達成したら評価を獲得できる(フィットネスアプリで人気の手法。例えば一定の歩数を歩くと評価を獲得できる)

順位表:累積ポイントや達成レベルを基にした順位を公表する。

目標はチームに内因性の動機をもたらすこと。上記の制度と、さらに高度なゲーミフィケーション要素を組み合わせることで、長期的な目標達成に役立ち、また基本的なレベルを超えた広範なインセンティブシステムを実現することができる。

より高度なゲームも職場に導入することが可能だ。バーチャルリアリティーの要素を活用してリアルタイムの情報の流れを視覚化することもできれば、ロールプレイングの要素を活用して異なる視点を探ることもできる。

自分以外の人物の役を演じ、自分と異なるスキルセットを用いて目標達成を目指すのを体験できるのだ。ゲーム化することでシミュレーションも可能になるため、異なる手法を試し、試行錯誤してそこから学ぶことができる。

複数のプレーヤーで楽しむゲームには、大きく異なるスキルを持つ複数のキャラクターがいて、勝つためにはその全てのスキルが必要となるためチームワークを培うのにも役立つ。

これらの異なるゲーム化システムのうち、あなたの組織ではどれを導入し始めることができるだろうか。以下に、高度なゲーミフィケーションに含まれるべき要素を紹介しよう。

・内省:実行+内省=学び
・解説:物語風の説明で、各ステージの間にいるプレーヤーを内省へと導く
・選択:参加メンバーに目標やスコア獲得法、何を追求するかなどの選択権を与える
・情報:メンバーが現実問題に直結するものを見出し、ゲームなしでも取り組みを続行できるようにする
・遊び:失敗や無制限の探求を通じた実験、創造、学びの場
・エンゲージメント:メンバーが熱心に取り組み、同僚とつながり、異なる視点を得るために活用する

ゲーミフィケーションの概念はシンプルに思えるが、ビジネスやチームはそれぞれ異なるため、導入についてはブレインストーミングが必要だ。財務チームは順位表で成績を公表するのに賛成でも、人事部がそれに反対の場合には、異なるアプローチを試して各部署にとって等しく説得力のあるものを見出そう。

あなたのチームの目標達成にゲーミフィケーションは役立つことができるだろうか。チーム内にゲーマーがいたら、聞いてみるといいだろう。