キム・セロン、ドラマ「鬼」に夢中“何回も繰り返し見てる…待っていたドラマ”

写真拡大 (全2枚)

女優キム・セロンがドラマ「鬼」の魅力にどっぷりとはまった。

キム・セロンは6日、自身のInstagram(写真共有SNS) に「見てまた見て『鬼』何回も繰り返し見てる。当分の間『鬼』にはまると思う。チ・ウンタクキャラクターもすごく可愛らしく、私が待っていたドラマ。『鬼』すごく好き。ヒヒ」という書き込みと共に写真を掲載した。

公開された写真は、tvNドラマ「鬼」のワンシーンで明るく笑うキム・ゴウンの姿が収められている。

「鬼」はキム・ウンスク脚本家の新作で不滅の生を終わらせるために人間の花嫁が必要な鬼、彼と妙な同居を始めた記憶喪失の死神。そんな彼らの前に“鬼の花嫁”と主張する“死ぬべきはずだった運命”の少女が現れたことで繰り広げられる、神秘的なストーリーを描く。韓国で金、土曜日の午後8時に放送されている。