「不夜城」チン・グ&イ・ヨウォン、初恋相手から敵に…戦いが始まる

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
チン・グとイ・ヨウォンが対立した。

韓国で5日に放送されたMBC新月火ドラマ「不夜城」第5話では、パク・ゴヌ(チン・グ) がソ・イギョン(イ・ヨウォン) のもとを訪れる場面が描かれた。

同日の「不夜城」で、ゴヌが「日本に戻れ。君の計画は望む通りにならないだろう。事業を整理して、戻れ」と言うと、イギョンは「覚えてる。昔もあなたは冗談に才能がなかった」と冷たく言い返した。

ゴヌは「うちのおじさんは夢の中ですでに会長になっている。僕はその夢を悪夢にする。君まで巻き込みたくはない。12年前のイギョンのためのことだ」とし「君が掴みたがるその手、チャン・テジュン(チョン・ドンファン) を僕はいつでも掴める」と強調した。

イギョンは「やってみて。その戦い、受けよう」と話した。ゴヌは「父の話を聞いた。君を止めさせる。もっと辛くなる前に戻れ」と繰り返し止めようとした。しかし、イギョンは「あなたはこの戦いに勝てない。怪物は、人には負けないから」と言い、ゴヌを帰らせた。

「不夜城」は、眠らない貪欲の光たちがその光の主人になるために熾烈な競争を繰り広げる過程を描くドラマだ。韓国で毎週月曜、火曜の午後10時に放送されている。