11月30日、陝西省西安市友誼路に店を構える1軒のカフェの店内に目を疑うような光景があった。

写真拡大

11月30日、陝西省西安市友誼路に店を構える1軒のカフェの店内に目を疑うような光景があった。それは、階段の隅にある3階建てほどの高さ6メートル、直径2メートル以上の円柱の「本の井戸」だ。それを一目見ようと、多くの市民がカフェにやってきた。実は、この「本の井戸」は1本の塔になっており、塔の底の部分には1メートルほどの高さの半円型の扉がついており、中に入ることが可能だ。中国日報が伝えた。

【その他の写真】

この「本の井戸」は、店主が重さ約4トンに相当する1万冊以上の本を積み上げて作ったもの。彼女の経営するこのカフェは子供の成長をずっと見守ってきた。彼女がカフェを開こうと考えていた時、ちょうど彼女の子供は中学に進学したばかりだった。彼女の子供は当時、成績や成長においての葛藤に苦しんでいたが、彼女は保護者として、うまく良い方向に導いてあげることはできなかった。子供たちは塾や習い事などの様々なことに毎日拘束されている。学校の横に店を構えた目的は、子供が通学しやすいようにするためであり、保護者たちに癒しと交流の場を与えるためだ。しかし、今彼女は保護者たちに子供と外へ出かけて、子供の見聞を広めてあげてほしいと強く願っている。子供たちを教科書や本の中に閉じ込めないでというメッセージがこの「本の井戸」には込められている。(提供/人民網日本語版・編集/TK)