突然ですが「イノベーション」という言葉の意味を問われたら、どのようにお答えになるでしょうか?

 「日本語の訳語を当てよ」と言われたら、何と訳せばよいでしょう?

「百年の誤訳」を考える

 「技術革新」と答えてはいないでしょうか。実際そのように訳しているケースが非常に多い。「それはおかしい」と東京大学ものづくり経営研究センターの藤本隆宏教授は指摘します。

 イノベーションという言葉がいつどのように導入されたかは、はっきりしています。

 1911年、オーストリアの経済学者、ヨーゼフ・シュンペーターが定義した「イノベーション」とは「既存のシステムの創造的破壊と再結合」による社会革新を指すものであるとされる・・・。

 こんなふうに書くと、格好よさげではあるけれど、今一つ分かりにくいのも確かです。これを「分かりやすく」技術の革新である、あるいはもっと露骨に科学技術の革新だと訳した人が100年ほど前の日本にいました。

 それが誰なのか、詮索しても大して意味はないので、ここでは深追いしません。が1911年と言えば明治44年、日本はようやく日露戦争に勝って列強に伍して行こうという時期であり、また何よりも、大きな「技術革新」の波が押し寄せて来た最中でもあった。

 1910年代と言えば、すなわち第1次世界大戦の時代です。

 善し悪しとは別に、戦時技術に財力が傾注され、様々な「軍事技術」が革新されていった。

 それらは戦後、直ちに民生に転用され、私たちの生活に本質的な影響、つまり既存のシステムの<創造的破壊>と<再結合>をもたらしていった。

 端的な例が「モータリゼーション」でしょう。自動車産業の成立と興隆、そして社会への普及・浸透は、実際に既存の社会システムを(当事者たちは必ずしも<創造的>とは思わなかったでしょうが)破壊してしまった。

 例えば「無法松の一生」という話があります。もう若い人には通じないかもしれませんが、人力車という乗り物が登場します。

 明治末年の日本にはすでに鉄道が敷設されており、例えば郵便システムには列車のネットワークが活用されていました。「飛脚」のような存在は明治初期の段階で「創造的に破壊」されてしまっていた。

 でも最終的に郵便が細かな宛先に配達されるに当っては、いまだ人力(この場合は自転車等も含むと思いますが)に頼る面が大きかったはずです。まだ郵便馬車なども活用されていたことでしょう。

 余談ですが、私の曽祖父は明治期、ハワイ王国で外交末端の仕事に従事していたのですが、通勤は馬だったそうです。

 しかし、明治が終わり大正に入り、すぐに第1次世界大戦が始まり、戦時技術として自動車産業が一大発展を見せ、戦後(あるいは振り返って言うなら「戦間期」)栄光の1920年代に車が社会に普及すると、世相は大きく変わってしまった。

 いまだ「マイカー」などは普及していなかったけれど、ヒト・モノ・カネの移動に自動車が積極的に活用され、鉄道網よりはるかに目の細かい交通ネットワークが社会全体を覆うことになります。

世界を狭くした「技術革新」?

 同様の「技術革新」は、第2次世界大戦をはさんで飛行機についても指摘できるでしょう。この原稿はベルリンからヘルシンキに飛ぶ機上で書いていますが、大正・昭和期の日本ではいまだ飛行機利用は極めて限定されたものでした。端的に言えば軍事に著しく偏ったものだった。

 庶民が目にする飛行機と言えば、戦時中なら空襲でやって来る「B-29」などであって、自分たちが乗ることなどはまずないし、またカミカゼ特攻のような日本軍の作戦行動も、日本列島内に居住する一般市民が目にすることは、極めて稀だったのではないかと思います。

 しかし、第2次世界大戦後、飛行機技術が民生転用され、ジャンボジェットによる旅客輸送が一般化、エアバスなどのネットワークも縦横に張り巡らされ、世界は随分と小さくなり、少なくとも時間的にはコンパクトに結ばれるようになった。

 私は前回の東京オリンピックの年に生まれました。この時期までは、洋行、例えば欧州に留学するには横浜や神戸を船で出て、インドシナからスエズ運河を通ってマルセイユなどに入港するのが1つのルートでした。

 実際、そのような経験をお持ちの先生方はたくさんいます。いま70代後半くらいまでの世代に当たるでしょうか。

 それが、60代以下、ベビーブーマーあたりになると、様相は一変、のんきに船で何か月もかけて留学という人はほとんどいなくなり、飛行機を使うようになりました。

 私も一応60代以下に属しますが、初めてドイツに留学した1983年はいまだ冷戦華やかなりし時代で、ソ連上空を西側の飛行機が飛ぶなんて想像もできなかった。

 成田を飛び立った飛行機は西にある欧州のまるで逆、東の米アラスカ州を目指してカムチャツカ近郊を飛行、アンカレッジを経由して北極圏から欧州に入っていました。

 また帰りの便は南回りでカラチ経由、真夜中でも34度なんて気候に度肝を抜かされましたが、私が南回り便のルフトハンザで帰国したすぐ後に、カムチャツカ上空で大韓航空機が撃墜される事件があり、もし自分も乗っていたら・・・と心底恐怖したのを覚えています。

 それが、冷戦崩壊ですべてが変わってしまいました。

 アンカレッジ経由で成田からパリのシャルル・ドゴール空港まで、トランジットを含め20時間くらいかかっていたのに、今なら帰りの便ではヘルシンキから成田まで、シベリア上空を偏西風の追い風を受けて飛べば9時間ほどで着いてしまう。

 「フランスに行きたしと思へども フランスはあまりに遠かった」のも今は昔の話で、日付の変わらないうちに日欧を往復するのが普通になって、すでに四半世紀が過ぎようとしている。社会も経済も大きく変わりました。

 と、ここまで進んで来て、ふと立ち止まらざるを得ないわけです。1980年代と2016年、ジャンボジェットの飛行技術に、そんなに抜本的な変化はないでしょう。当時も今も時速800キロとか1000キロという高速でジャンボは飛びます。

 しかし当時はソ連の上空に民間旅客機が就航することはなかった。と言うか、ソ連上空をかすめただけで撃ち落とされたりする時代だった。

 それが「技術」革新は実質ほとんどなくても、冷戦という政治的社会的な構造要因が変化したことで、日欧を結ぶ時間も短縮、燃料費その他もおよそ低廉なものですむようになり、昔なら何十万円もかかっていた欧州便のチケットが、運が良ければ数万円でも手に入る時代になっている。

 この変化、つまり冷戦崩壊と空路の抜本的な組み換えは「既存システムの創造的破壊と再結合」つまりイノベーションと呼ぶことはできないのでしょうか?

 いえ、これこそ露骨に「イノベーション」そのものです。

 つまり「技術革新」という訳語そのものが、根本的に間違っている。と言うか狭小で、ものごとの本質を見ず、テクノロジーの表層に目を奪われて、浮ついた訳語を与えていただけだということが如実に分かります。

シュンペーターイノベーション5.0

 今一度、ここでヨーゼフ・シュンペーターの原点に立ち戻って考えてみましょう。

 「イノベーション」とはいったい何なのか?

 中国語では「創新」などと訳され、何かを新しくする(in-NOVA-tion)ことであるのは間違いないだろうけれど、その対象をシュンペーターは決して狭義の「技術」に限っていません。

 イノベーションの原義は、大別しても最低5つの要素を含むとされます。すなわち、狭義の「技術革新」は製造技術の革新ですから、

*1 製造技術革新プロダクト・イノベーション

 と呼ぶべきもので、シュンペーターにとっても重要なポイントですが、そのほかにも今日ふうに記すなら、

*2 製造工程革新 プロセス・イノベーション
*3 販路開拓革新 マーケット・イノベーション
*4 受給統御革新 サプライチェーン・イノベーション
*5 組織運営刷新 オーガニゼーション・イノベーション

 という残り4つの要素を指摘することができ、これら全体の「創造的破壊と再結合」によって「社会革新が起きる」。

 先ほど記した、冷戦崩壊後の欧州直行便が上の5つのどれとどれがどう「創造的破壊」と「再結合」にあたるかは、読者の分析にお任せするとして、ここではこれら5つの要素がすべて揃うことで、多様なイノベーションを戦略立案、実行完遂することができる事実を強調しておきましょう。

 「5つの要素」であることから、ドイツ連邦工学会と私たちはこれらを「シュンペーターイノベーション5.0」と総称して、具体的な検討を進めています。詳細については稿を改めてお話ししたいと思います。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:伊東 乾