カラダの動きによって、気持ちいい音を生み出せる。そしてその音によって、カラダを動かすことがさらに楽しくなる。

 人の身体能力の可能性を音で拡げてみる。そんな発想から誕生した「MOTION SONIC PROJECT」は創業以来、音の分野でさまざまなライフスタイルやカルチャーをつくってきたソニーが、人と音楽の関係をリデザインしていくプロジェクトだ。

 10月26日に開催されたTOKYO DESIGN WEEKに登場し、大きな注目を集めたこのプロジェクトの詳細について、ソニー ブランド戦略部ブランドアクティベーション課統括課長 谷本尚逐氏(以下、谷本氏)と、プロデューサーを務める野崎樹里氏(以下、野崎氏)に話を聞いた。

感覚・直感・本能が生み出す新しい音楽体験

「産業革命以来さまざまなものが機械化されていくうちに、私たちの動きは機械に合わせ、支配されていくようになった傾向があります。音を奏でるという行為は、はるか昔までさかのぼると、手をたたく、足を踏みならす、声を出す、などということが根源的なものだったんですよね。MOTION SONIC PROJECTはその原点に立ち返り、機械に人が合わせるのではなく、人間が本来もっている身体的な感覚や直感、本能的なものに合わせて機械が進化していけば、もっと自由な新しい表現を生むことができるのでは、という発想のもとにスタートしました」(谷本氏)。

 公表されているものはリストバンド型の実験機。配置されたマイクと六軸センサーにより動作の軌道や緩急、揺らぎなどの情報を取得する。それをPC側と通信して音にエフェクトをかけ、動きに合わせた音を奏でることが可能だ。

 本機の開発にあたりプロジェクトの発案者であるエンジニアの金 稀淳氏がこだわったのは、マイクをつけることだったという。

アナログだからこそ捉えられた人間らしさ

「デジタルデータで動きを取得できるので、マイクはつけなくてもいいじゃないかという話もあったんですが、アナログな存在のマイクだからこそ、デジタルでは表現しきれない人間が発する音そのものをデータとして取得することができました」と谷本氏は話す。

「マイクは腕を動かすことで生じる風切り音を拾えるので、より人間の動作に合った音を表現できます。デジタルデータにもそれに近いことはできるんですけど、マイクならではのリアリティには今のところまだかなわないんじゃないかなと。金がこだわりを捨てなかった結果、人間が本来もっているものや発している音に対し技術による支援を行い、より人間らしさを前に出すことができたと思います」。

 現在はパフォーマー、バレリーナ、空手家、ボディビルダーなど、さまざまな分野のプロたちと組んで新たなパフォーマンスによる表現づくりに挑戦しているという。今後の課題はどういったものだろうか。

「ダンスなど、自分らしいパフォーマンスが表現できるのを一つのゴールとしているので、もっと動きやすくするため、今後は実験機の縮小化やフィット感を高めていくこと。もう一つは人間の感覚にあわせて音が出ることの気持ちよさが非常に大事なので、音の遅延をなくすことを大きな課題としています」。

 現状はあくまでも商品でなく実験機としてのレベルであって、上記の課題をクリアしたからといっても商品として完璧というわけではないという。

「今はわれわれが試したいことに対して実験しているので、商品化することについては何も決まっていない状態です。ただ、ソリューションがいかに良くても、このままではガジェットとしての可能性を誰からも感じてもらえません。今後ソニーとしてデザイン性にもこだわった実験機をつくって世の中の人たちからの評判を聞いてみたいですね」。(谷本氏)

【Sony - MOTION SONIC PROJECT公式チャンネル】

テクノロジーとともに発展するソニーの挑戦

 自身も以前は踊っていたという野崎氏は、ダンサーとしての見解も語ってくれた。「多くの人はバックダンサーとして踊ることがほとんどで、一部の人を除きダンスそのものでメインを飾る機会はごくわずかです。でも、このプロジェクトによってダンサーそのものがパフォーマーであり、音を奏でる人になる。そんな新しい表現の仕方もできるんじゃないかと思っています」。

「これから先、さまざまなテクノロジーのメディアプラットフォームが出てくる中、このプロジェクトはエレクトロニクスとエンターテインメント事業、どちらも兼ね備えたユニークさをもったソニーならではのもの。新しい音楽表現の創造に対する挑戦として“感動”や“文化創造”の1つになればいい」(谷本氏)

 今後の可能性として、スポーツに取り入れて、正しいフォームを音で理解できるようになることや、指先の曲げ方をセンシングし、手話を音声で表現できるようになることなど、動きを音化するということにはさまざまな可能性があるようだ。

 このさきテクノロジーの進化とともにインターネットとつながっていくことも期待できるMOTION SONIC PROJECT。新しいカルチャーやエンターテインメントの可能性を広げてくれるウェアラブルデバイスとして、商品化の情報が待ち遠しいプロジェクトだった。

【Sony - MOTION SONIC PROJECT公式チャンネル】

筆者:Sayaka Shimizu