若いころ少しかじったギターに、もう一度トライしたい──。こんなことを思い立ったとき、まず必要なのは、楽器を手に入れることだ。

 お気に入りのミュージシャンが使うモデルや、昔は高嶺の花だった海外ブランドに目を向けるのもいいが、ここではもう1つ、ぜひ検討してみたいギターを紹介しよう。11月にヤマハが発売した「トランスアコースティックギター LL-TA」だ。

 このギター、見た目は普通のアコースティックギター(アコギ)だが、内部に驚きの仕掛けがある。アンプやスピーカーなしで、本体からエフェクトをかけた音が出るのだ。

 むろん、中にスピーカーを仕込んでいるのではない。秘密は、ヤマハが独自に開発した「アクチュエーター」という装置。これはギターのボディに振動を加えて音を出す装置で、エフェクト音はこの装置を通じて、ギター本体からの響きとして鳴らされる。

 ・・・と、まどろっこしい説明をするより、実際に見てもらう方が早いだろう。筆者がこのギターを初めて鳴らした時の動画があるので、まずはご覧いただきたい。おじさんが嬉々としてコードをかき鳴らすだけの映像ではあるが、高揚した感じは伝わると思う。

ボディの振動にもエフェクトがかかっている

 ギターの音の波形を電気的に処理し、音色や音質を変えることを「エフェクト処理」という。もともとはエレキギターの専売特許だったが、いまやアコギでも当たり前のように行われる。楽器屋に行けば、アコギ用のエフェクト装置(エフェクター)がずらりと並んでいる。

 ただ、こういった装置を使うときのギターは、通常「エレアコ」(エレクトリックアコースティックギター)、すなわちピックアップ付きのアコギだ。

 エレアコは、ギター本体に仕込んだピックアップからシールド(ケーブル)経由でシグナルを取り出し、そこにエフェクトをかけ、外部アンプで音を鳴らす。要するにエレキギターと同じ仕組みだ。エフェクト音が出るのはアンプからで、ギター本体の音は元のままである。

 対してLL-TAでは、本体がエフェクト音を鳴らす。この違いは、動画を見てもピンとこないかもしれないが、実際に弾いてみると、思いのほか大きな差として感じられる。

 ギターは、体に抱えて弾く楽器だ。ボディやネックの振動が体へ直接伝わり、演奏者は、音と一緒に振動を感じながら弦を弾く。これがアコースティック楽器の醍醐味といってもいい。

 LL-TAは、その振動にも、エフェクトがかかることになるのだ。

 筆者はこれまで、エレアコにエフェクトをかけた演奏は、どこか“他人事”のような鳴り方になる気がして、あまり好きになれなかった。それは、体で感じる楽器の振動と、アンプから出る音が乖離しているゆえの違和感、といえるかもしれない。

 だがこのLL-TAなら、エフェクトをかけた状態でも、アコースティック的な響きが体感として伝わって来るように感じられた。アクチュエーターというデジタル技術を内蔵した楽器ではあるが、その魂は“アコースティックワールド”に属している。そんなふうに思えるのである。

アクチュエーターがボディ裏側に搭載された理由

「アコギが好きな人に気に入ってもらえる楽器だと思います」。

 LL-TAを開発したヤマハ・コーポレーション・オブ・アメリカ アーティスト・リレーション部門 開発マネジャーの江國晋吾さんはこう話す(江國さんはLL-TAの開発に携わった後、ヤマハの米国法人に異動した)。江國さん自身、10本以上のアコギを所有するアコースティック好きであり、その開発においても、一貫して「アコギらしさ」にこだわってきたという。

 その象徴といえるのが、このモデルの核心をなす装置、「アクチュエーター」の搭載場所だ。この装置は、ギターの表面板側ではなく、裏板側についているという。

 すでに述べたように、アクチュエーターはボディを振動させる装置。このギターにおいて、エフェクトの効果は、アクチュエーターのバイブレーションがボデイを振動させることで、電気信号から音に変換される。

 一般にギターの構造上、音の鳴りに最も影響するのは、表面板だ。ここには弦の一端が固定されており、弦の振動がこの板を太鼓の皮のように振動させることで、ギターは音を発する。

 だからアクチュエーターも表面板を振動させるように搭載するのが、常識的な考え方であろう。実際、江國さんもまずは「表面板につけることを検討した」という。

 だが、最終的にアクチュエーターが搭載されたのは、ボデイの裏板。その理由を江國さんは、「弾いている人にとっては、その方が気持ちいいから」と説明する。

「この楽器は、演奏者自身に楽しんでもらいたい。そのためには、アクチュエーターが演奏者側を振動させる方が適しているのです」

 もちろん、「音響的なシミュレーションによって、裏板の振動でも音響上、十分に機能することは確認しています」というから、サウンドホールからの音を犠牲にしたわけではない。

 とはいえ、裏側を振動させるという構造は、まさに逆転の発想。「アコギの魅力」を徹底して追求したからこそ生まれた、“プレイヤーファースト”の楽器なのである。

「音」と「振動」の融合から生まれる「上手くなったような感じ」

 エフェクト機能は、「リバーブ」と「コーラス」の2種類。どちらもアコギのサウンドメイクエフェクトとしては定番だ。サイド板の演奏者に面したところに3つのコントロールノブがあり、エフェクトのオン/オフや調整を行う。

「操作しやすさを最優先にしました」(江國さん)。そのため、例えばリバーブの残響音の長さは「Hall(長い)」「Room(短い)」の2段階のみというシンプルさだ。デジタル楽器の操作に慣れていて、すべてのパラメーターを自分で細かく調節したいような人には物足りないかもしれない。

 だが、ここも底流にあるのは「アコギらしさ」。抱えたらすぐに音が出るアコースティックギター的な価値観に照らせば、これぐらいシンプルな方が馴染みやすいと感じる人も多いはず。筆者もその1人である。

 エフェクトを使った演奏例を、動画でいくつか紹介しよう。

 要は、この楽器は、プロがライブで使う道具というより、プレーヤーが1人または少人数のコンパクトな空間で弾くことを想定した楽器だ。そんな場面で、エフェクト音を体に心地よく響かせることを何より重視した、どこまでもパーソナルな楽器なのである。

 一応書き加えておくと、LL-TAは一般的なエレアコと同じように、シールドでアンプにつないで鳴らすこともできる。だから、バンド形式のライブなどで使うのも十分可能だ。ただし、それはあくまでも「そういう使い方もできる」ということ。このギターの本質はやはり、自分で楽しむことだろう。

 そんな楽器には、なかなか練習時間を取れないプレーヤーにありがたい、思わぬ効果があることを最後に付記しておこう。

 それは、「まるで上手くなったような気がする」効果だ。

 アコギは、「音」と「振動」を一緒に感じながら弾く楽器。エレアコでは「音」と「振動」が乖離してしまうという話はすでに触れたが、LL-TAはアクチュエーターが「振動」を増強するため、逆に「音」と「振動」の一体感が、通常のアコギ以上に強く形成されるようだ。

 それがとてつもない爽快感を生み、「上手くなったかのような感覚(錯覚)」を醸し出す。「いい音だなぁ〜」という陶酔の境地へ、手軽に連れて行ってくれるのだ。

 すでに完成形の楽器だと思われていたアコギは、まだまだ進化していた。久しぶりにギターを手に入れたくなった人にとっては、なんとも悩ましい時代である。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:北村 昌陽