近年、VR技術の発達とともに、視覚・聴覚に次ぐ第3の感覚として注目を集めている触覚。触覚技術をより多くの人に使ってもらえるようにと開発されたTECHTILE toolkit(テクタイルツールキット)のプロジェクトに携わった慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(以下、KMD)に所属する柴崎美奈氏(以下、柴崎氏)に話を伺った。

触覚技術を多くの人に提供するための「TECHTILE toolkit」

触覚技術を扱える人を増やそうと2011年に始まったプロジェクトのTECHTILE toolkitは、触感を記録・再生するためのツールキット。センサによって得られた触感(振動)をアンプによって増幅させ、アクチュエーターを通じて伝えるシンプルな仕組みとなっている。

本体1台、マイクパック(触感センサ)1個、振動パック(アクチュエーター)1個、電源(アンプシステム)1台のセットで、触感データの加工、記録、再生などを可能にしてくれるソフトウェア(maxmspパッチ)はTECHTILEのウェブサイトでオープンソースとして取得可能だ。

簡単な操作で子供でも扱えるつくりということなので、実際に簡単な触感再生システムを作ってみた。紙コップを2つ用意し、触感センサと振動子をそれぞれに設置。アンプのスイッチをつけるだけで触感を再現できる。センサのついた紙コップに砂やビー玉を入れたら、振動子のついている空の紙コップで同じ触感を体感することができた。

触感を“デザイン”するハプティックデザイン

TECHTILE toolkitのプロジェクトでは、アーティストやデザイナーなど、クリエイティブな活動に関わる人にキットを配布。そこで触感をコンテンツとして表現できる可能性を見出せたという。

「触感は表現の一部で、絵の具で描いた絵画やイラストなどのようにデザインすることが普及していくだろう」と柴崎氏。TECHTILE toolkit技術の展開例として “ハプティックデザイン”と呼ばれる触感のデザインを利用した作品が作られていたり、ショッカソン(触覚技術を用いたハッカソン)が行われていたりする。

KMDが製作した作品「ハムスターのいえ」では、ハムスターがえさをかじっている映像を見ながら、箱から伸びている棒を通して、可愛らしいハムスターとの触れ合いを表現。映像などの「かわいらしさ」をさらに高めるような触感のデザインをKawaii Haptics(かわいいハプティクス)として提案している。

仕組みとしてはセンサでハムスターがえさをかじっている触感をソフトウェアに記憶させ、アクチュエーターを木の棒に設置。ハムスターの映像に合わせて触感が伝わるようにデザインしてある。

2015年にはVRヴィデオゲーム作品「Rez Infinite」をプレイするときに、全身がゲームの中に没入する触覚ボディースーツ「Synesthesia Suit(シナスタジア・スーツ)」が作られた。この作品もデザインされた触感をソフトウェアに記憶させ、スーツ内に装着されている26の振動子によって触感を伝達。音楽が振動と共に全身を巡り、その振動部分のLEDが点灯する仕組みとなっている。

見る、聞く、触るで精度の高い技術習得が可能に

触覚技術は、精度の高い技術習得にも使える。何かの技術を習得したいと思ったら、その分野に長けた人を模倣して学ぶのが近道だろう。 “見る” “聞く”という感覚に “触る”も加われば、これまでと比べてより細かい部分まで意識できるようになる。

例えば、プロのテニスプレーヤーがラインぎりぎりの絶妙な場所に打つサーブ。ラケットを握る強さや、打ち返す時の加減がわかれば、見て真似るだけよりも感覚的に学べる。

柴崎氏は「おばあちゃんの作る味を後世に伝えるために、料理の技など、レシピと一緒に道具の使い方の感覚を伝えることができる」とも話した。

今後はTECHTILE toolkitのようなシステムが普及し、センシングされた触感データがアーカイブされていくことで、伝えられる情報量が増えていくだろう。インターネットにつなげることで、遠隔での触感伝達も可能となり、ロボットを使った危険物処理や、離れた家族を介護する見守りなどに使える日も遠くなさそうだ。

慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科:http://www.kmd.keio.ac.jp/jp/
Embodied Media project:http://embodiedmedia.org/
TECHTILE:http://www.techtile.org/

筆者:Masahiro Nishikawa