次期大統領に選ばれて以来、ドナルド・トランプ氏(70)が「神」について触れたことはただの一度もない。

 予備選当時、南部や中西部で共和党候補は、エバンジェリカルズ(キリスト教原理主義者)や「ボーン・アゲイン・クリスチャン」(宗教経験で信仰を新たにしたキリスト教徒)といったキリスト教保守の票を奪い合った。

 いったい、あのエバンジェリカルズの票は本選挙ではどうなったのだろう。それよりも何よりも米国におけるキリスト教とは何だったのだろう。

 歴史を紐解くまでもなく、宗教上の迫害から新大陸に逃れ移り住んだピューリタン(清教徒)が持ち込んだのは「自由と平等」「隣人愛」を尊び、厳しい自然に立ち向い生き抜くための「白人の、白人による、白人のためのバックボーン(背骨)」だった。

 それは英国から独立した新国家、「United States of America」の推進力として250年間、アメリカン・カルチャーの主軸として生き続けてきた。

「白人キリスト教国家」の終焉

 ところがその「白人キリスト教国家」が終焉を迎えた、と言い切る新書が注目されている。

 宗教学者のロバート・ジョーンズ博士の「The End of White Christian America」(白人キリスト教国家・アメリカの終焉)だ。

 折しもキリスト教の理念とは相反する人種的偏見をむき出しにし、「隣人愛」などそっちのけの不動産王が第45代大統領に就任しようとしている。

 この型破りの次期大統領は、お隣のキリスト教国家・メキシコからの不法移民を追い出し、米国憲法で保障された「宗教の自由」条項を破り捨て、イスラム教徒の入国を厳しく規制することを選挙戦の公約に掲げてきた御仁だ。

 外交的には、「自由と平等」の名のもと、世界各地で起こる戦闘や戦争に米国が介入してきた理由づけの1つにキリスト教による正義を実現することにあった。

 ナチスや日本帝国主義と戦い、打ち破った大義名分に「白人キリスト教国家」の信ずるキリスト教理念が使われてきた。

 そのことはトランプ氏の主張してきた「Make American Great Again」(アメリカを再び偉大な国家にする)というスローガンとは相いれないのではないのか。

非キリスト教徒、無宗教者の6割はクリントン支持

 そうした疑問に本書の著者、ジョーンズ博士はこう答えている。

 「バラク・オバマが大統領になって大きく変わったのが白人プロテスタントの動向だ。2008年まで人口の54%を占めていた白人プロテスタント人口が現在では45%にまで減少している。

 「この白人プロテスタント層は建国以来20世紀中葉まで米国文化の中心的存在だった。政界、経済界、学界、メディア界すべての分野で影響力を持っていたのは白人プロテスタントの男たちだった」

 「白人プロテスタントが影響力を失い始める兆候は1960年代から始まっていた。そして90年代にはそれが人口比で現れる。90年代には10人のうち9人がキリスト教をはじめとする既成宗教を信仰していたが、現在は人口の23%が『無宗教』。若年層では34%にまでなっている」

 「非白人移民の急増や白人プロテスタントの出生率が激減していることも白人プロテスタント激減に拍車をかけている」

 こうした現象が今回の大統領選にどのような影響を与えたのだろうか。

 屈指の世論調査機関、ピュウ・リサーチ・センターが11月9日公表した出口調査結果は、宗教面からみた有権者の動向を如実に示す興味深い内容となっている。

 ヒラリー・クリントン、ドナルド・トランプ両候補のどちらに投票したのか、有権者が信じる宗教によってはっきり色分けされている。

             クリントン       トランプ
白人プロテスタント      39%         58%
カトリック          45%         52%
ユダヤ教           71%         24%
エバンジェリカルズ      16%         81%
モルモン教          25%         61%
他宗教            62%         29%
無宗教            68%         26%

"How the faithful voted: A Preliminary 2016 analysis," Pew Research Center, 11/9/2016

 ユダヤ教徒の7割、他宗教、無宗教の有権者の6割がクリントン氏に票を入れているのに対して、白人プロテスタントの5割強、特にエバンジェリカルズの8割はトランプ氏に投票している。

 つまり、クリントン氏に票を入れた多民族、多文化の知識層を中心するリベラル層は、著者の指摘する「衰退する白人プロテスタント」とは一線を画する存在だったことが分かる。

 その一方でトランプ氏に投票した主力はその「衰退する白人プロテスタント」そのものだったことになる。

 信仰心の篤いエバンジェリカルズがなぜ、暴言と女性差別的な言動を続けてきたトランプ氏に票を入れたのか。

 トランプ氏がメキシコからの不法移民の入国を防ぐために巨大な壁を作ると宣言、これに対しローマ法王フランシスコ1世が「トランプ氏はキリスト教徒ではない」と断定したにもかかわらずである。

「メシア信仰」のはエバンジェリカルズの「解放者」を待望

 社会宗教学のディックソン・ヤギ博士はその理由について筆者にこう説明している。

 「確かにトランプ氏はきわどいし、厚かましい、信仰心もあまりなさそうだ。離婚歴2回。南部、中西部に住むエバンジェリカルズが好むような大統領候補ではなかった」

 「しかしエバンジェリカルズの基本理念はメシア信仰(救世主信仰)だ。つまりキリストのような清廉潔白、非暴力の神の子を求める一方で自分たちを守ってくれる守護者、世の中を変えてくれる解放者的存在を求めている」

 「クリントン氏にそうしたメシア的存在を感じなかった分、トランプ氏しか投票する候補はいなかったのではないだろうか」

 そしてトランプ氏に一票を入れようとするエバンジェリカルズの背中を押したのは、人工中絶条件つき是認、異宗教、特にイスラム教に対する寛容さといった政治理念への反発だった、と同博士は分析する。

 エバンジェリカルズの期待を一身に集めたトランプ次期大統領が果たして「守護者」「解放者」として白人プロテスタント的文化を再び米国文化の中心に引き戻すことができるのか。

 著者のジョーンズ博士はずばり予言している。

 「白人プロテスタント文化が米国を引っ張る原動力として復活することはもうないだろう。トランプ氏がそうしようとしても無理だ。それは人口統計学上から困難だ。米国の多様化はもはや阻止することができない」

 「私は当初、本書のタイトルを『The Obituary for White Chirstian America』(白人プロテスタント国家の死亡告示)にしようと思っていた。建国以来、この国を引っ張り続けてきた牽引力への賛辞を込めて、米国は今後、多民族・多文化・非キリスト教的宗教・思想が混然一体となって突き進む国家となるだろう」

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:高濱 賛