写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エンカレッジ・テクノロジは12月6日、都道府県、市区町村などの地方自治体の情報システム強靭性向上に対応するファイル無害化ソリューション「ESS FileGate」を販売開始した。

ESS FileGateは、自治体の情報システム強靭性向上に最適なファイル無害化ソリューション。文書の内容を二重で画像化処理する方法で無害化処理を行うため、マルウェアに感染したファイルを確実に無害化することが可能。また、文書の印刷機能を使用するため、Word、Excelなどのオフィス文書はもちろん、国産の文書編集ソフトのファイル、CADソフトで作成された設計図面、画像編集ソフトで作成されたイラスト図版など、印刷が可能な文書であればファイル形式を問わず無害化できる。

導入環境に対しても、Windows OSのクライアント端末からだけでなく、仮想デスクトップ環境(VDI)上からの無害化処理にも対応する(LinuxベースのVDIを含む)。インターネット接続環境とLGWAN(地方公共団体のシステムを相互に接続する行政専用ネットワーク)環境の中間サーバとして設置することで、紛失リスクの高いUSBメモリなどの可搬媒体を使用する必要がない。

文書の無害化によるLGWANへの持ち込みだけでなく、LGWAN側からインターネット接続側へのファイルの持ち出しについても対応するほか、ファイルの持ち込み/持ち出しの際に上長承認を必要とする設定も付加できる。

仮想アプライアンスによる提供のため、インストールなどの作業が不要、仮想基盤にインポートして初期設定をするだけで利用できる。また、Dockerによるコンテナ技術を採用しており、OSアップデートによるシステム稼働の影響を受けないためメンテナンス・維持管理の負担も少ない。

販売価格(税別)は、対象自治体の人口により変動する。例として、人口3万人未満の自治体の場合は、年間48万円(保守サービス料金含む)。

(山本明日美)