『Kiss』(講談社)で連載中の人気マンガが原作のTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。舞台の横浜と、日産ジュークの魅力が詰まった回。旦那(宇梶剛士)にブチ切れたり、田原総一郎になったり、巨匠・堺正章になったり、第8話は富田靖子の演技の幅を見る事が出来る回でもある。
参考→絶好調ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』は原作でも星野源=津崎がヒロインだ


イケメンVS童貞


「いいですよ、平匡さんとなら、そういうことしても」

精一杯の誘いを津崎(星野源)に断られてしまったみくり(新垣結衣)は、母親(富田靖子)の骨折を理由に、職場を放棄して実家へ戻ってしまう。実家での生活は居心地が良いが、夫婦という形についての考えを改めさせられる。

一方の津崎は珍しく職場の仲間で飲むことに。風見(大谷亮平)に実家に帰ったみくりについて皮肉を言われ、思わず場の空気を無視して本音で言い返す。

「僕はこんな場所で皮肉を吹っ掛けるような自信に満ち溢れた人間ではないし、生き方も見た目も何もかも違う」

超イケメンVS童貞。肉食VS草食。ネガティブな事しか言ってないように思えるが、これが本音であり、これが童貞の言い分。あんなスカした超イケメンを前にこれを言うのは勇気がいることだ。完全に生き物として格上と認めてしまっているのに津崎はよく言った。そこそこのイケメンでもあそこは言い返せない。

そのまま酔いつぶれてしまった津崎を百合(石田ゆり子)が車で迎えに来る。ベロベロになりながら謝る沼田(古田新太)と日野(藤井隆)を尻目に、風見は「多少は責任を感じるので付き合います」と、さらりと助手席に乗り込む。

これでイケメンVS童貞は、大人の対応を最後まで貫いたイケメンの貫禄勝ちだ。この余裕に津崎は嫉妬し、どう足掻いても勝てないとさらに自分に嫌気が差してしまうのだろう。津崎、寝てて良かった。こういうのは悔しすぎる。

津崎の童貞告白電話


眼を覚ますと、風見は百合に過去の恋愛話をしていた。それを聞いた津崎は、一人よがりな自分の考えを改めさせられ、意を決してみくりに電話をする。背伸びをせず、自分の言葉で思いを伝えたこのシーンは、このドラマきっての名シーンになるのではないだろうか。

「僕は、女性経験がありません」

「あの夜、真っ先に思ったことは、失敗したらどうなるのだろう」

カッコつけたプロポーズなんかより、よっぽど勇気のいるこの情けないセリフを吐き出した津崎に、もうムリして守るものは何もない。火曜日の分のハグをと、みくりの実家へと海沿いを走り出す。遅れてきた35歳の青春だ。しかし、みくりはもう横浜に戻ってしまっていた。そのままみくりの両親に捕まってしまい、津崎のハグは明日へとお預けになってしまう。

ラブコメらしくニコニコ見てしまうかわいいラスト。と、思いがちだが、よく考えるとこのまま家でハグをしていたら間違いなく“そういうこと”に発展する流れなのだから、ここでコメディに走るのは必然だったのかもしれない。今夜放送の第9話は、津崎がリストラ候補になってしまうらしい。さらには、新しい女性の登場も。いよいよ「逃げ恥」も残り3話だ。

(沢野奈津夫)