写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Clueは12月3日、東京・南青山骨董通りに「&Collection(アンドコレクション)」第1号店をオープンした。

同店では、住居をイメージした空間の中で、アート作品をはじめとする世界中のデザイン商品を展示し、販売する。"洋服を着替えるように、暮らしの中でアートを楽しむこと"を提案するライフスタイルショップとなる。

有名ファッションブランドのロゴや商品をアートとして再構築するなど、独特なスタイルで2年間に約8,000枚もの作品を生み出し、"現代のピカソ"とも称されるアーティスト、シェーン・ボーデンや、華麗で豪華なライフスタイルを表現した作品が多くの女性の支持を集めるオリバー・ガルのコレクションなどを取り扱う。両氏の作品は世界中のセレブから愛される一方、約2万円から購入できる"手が届くアート作品"としても注目を集めているという。

取扱い商品は、シェーン・ボーデン、オリバー・ガルのアート作品のほか、 輸入インテリア雑貨、家具など。作品数は約200点。価格帯は、2万4,000円〜64万円(税別)。同店では今後、取扱いアーティストや作品数を増やし、より豊かなライフスタイルのために、暮らしの中でアートを楽しむことを提案していく、としている。

(エボル)