「花郎」パク・ソジュン&Ara、ロマンチックな撮影ショットを公開“月夜のロマンス”

写真拡大

パク・ソジュンとAraのケミストリー(相手との相性) が話題となっている。

KBS 2TV新月火ドラマ「花郎(ファラン)」の第1話が韓国で12月19日に放送される。1500年前の眩しく爽やかな若者たちのストーリーがお茶の間でどのように展開されるか、早くから視聴者の期待が熱い。その期待を証明するかのように、「花郎」は公開されるコンテンツごとに若者たちの輝く魅力を思う存分盛り込んでいる。

「花郎」に関連する様々なキーワードの中の一つが青春たちの“美しい愛”だ。「花郎」はパク・ソジュン(ムミョン/ソヌ役) 、Ara(アロ役) 、ZE:Aのヒョンシク(サムメクジョン役) など特別なケミストリーを誇る若い俳優たちとともに「愛」という感情を描く予定だ。これに先立ち公開されたキャラクター映像とロマンスポスターは3人の関係に対する関心を倍増させ、視聴者の心をときめかせた。

6日、「花郎」の制作陣はパク・ソジュン&Araのロマンチックで美しい撮影ショットを公開した。写真でパク・ソジュンは暗い夜にAraを背負って歩いている。パク・ソジュンは眼差しだけで切なく愛しい感情をそのまま表現した。さらにそっと目を閉じているAraの清楚な雰囲気は見る者の心まで揺さぶった。

何よりパク・ソジュンとAraという二人の若手俳優のケミストリーが視線を集中させた。これに先立ち公開された撮影のスチールカットでパク・ソジュンはヤヌス(ローマ神話の出入り口を守る神。2つの顔を持つ) のような魅力を、Araは明るくユニークな魅力を届けた。そんな二人が出会い、ロマンチックさと切なさを行き来しながら深い余韻を残した。2枚の写真だけでここまで眩しいケミストリーを届ける二人が「花郎」で描くラブストーリーはどれだけ特別であるだろうか。

劇中でパク・ソジュンとAraは少し特別な運命で絡んでいる。劇中でパク・ソジュンは名もなく“ムミョン(無名)”と呼ばれる人物だ。そんな彼がある特別な事件でソヌという名を付けられるようになる。そしてソヌという名でアロという特別な運命と向き合うようになる。劇中で秘密を秘めたまま現れたパク・ソジュンによってAraはときめきながら心が揺らぐようになる。お茶の間のロマンスな感性をくすぐるには完璧なストーリーとそれを演じる二人の俳優のときめき指数100%の演技に期待が集まっている。また、まだ公開されていないAraとヒョンシクのケミストリーにも関心が高まっている。

これについて「花郎」の制作陣は「『花郎』が描く若者たちのストーリーには初々しく眩しい愛もある。そしてその中心にはパク・ソジュン、Ara、ヒョンシクがいる。今冬、お茶の間のときめき指数を高める『花郎』の爽やかな若者たちに熱い関心と応援をお願いしたい」と伝えた。

「花郎」はドラマ史上初めて新羅時代の花郎を本格的に描く作品で、1500年前の新羅の首都、ソラボルを走った花のような男、花郎たちの熱い情熱と愛、眩しい成長を描く本格青春時代劇だ。100%事前制作ドラマで、今年9月に撮影を終えた。韓国で12月19日に待望の第1話が放送される予定だ。