ナムグン・ミン、新ドラマ「キム課長」に出演が確定

写真拡大

俳優ナムグン・ミンがKBS 2TVの新水木ドラマ「キム課長」の出演を確定した。

6日、複数の放送関係者によるとナムグン・ミンは「キム課長」(脚本:パク・ジェボム、演出:イ・ジェフン) で男性主人公のキム課長ことキム・ソンリョン役を務める。原則主義者で変わった変人に見えるが、実は誰よりも配慮深い人物だ。

「匂いを見る少女」「リメンバー」で第2の全盛期を満喫しているナムグン・ミン。「キム課長」でどのような演技を届けるか、期待が集まっている。

「キム課長」は原理原則を重んじる会計士出身の一人の男性が一般会社の平凡なキム課長になり、弱者の味方になって人間のための原則と常識を守っていくストーリーを描いたオフィスコメディドラマだ。「鄭道傳(チョン・ドジョン)」のイ・ジェフン監督と「グッド・ドクター」「ディア・ブラッド〜私の守護天使」のパク・ジェボム脚本家がタッグを組んで期待を集めている。

「オー・マイ・クムビ」の後番組として来年1月に韓国で放送される。