北朝鮮の朝鮮中央通信は4日、「在日同胞青年抗議団が日本駐在南朝鮮かいらい大使館の前とかいらい領事部がある『民団(在日本大韓民国民団)』中央本部に対する宣伝カー抗議デモを展開した」と報じた。朝鮮総連傘下の在日本朝鮮青年同盟を中心とした抗議団と見られる。

同通信によると、宣伝カーに乗った抗議団は1日、民団中央本部に対して放送で朴槿恵政権を糾弾し、韓国の朴槿恵退陣闘争に対する支持を表明したという。

これに対して「抗議団の宣伝カー宣伝にあわてふためいた『民団』中央の連中が建物の外に出て騒ぎ立て、『民団』の連中の通報を受けた日本の警察が宣伝カーの周りに集まって暴圧の態勢を取った」という。

さらに、抗議団は「『民団』中央本部の周辺道路を走りながら引き続き放送宣伝を行った後、再び『民団』中央本部の前に車を止めて抗議を突きつけた」と報じた。

韓国大使館に対する抗議行動では、日本の警察が警備網を広げて道を完全に遮断したが、「抗議団は、阻止線を突破するためにかいらい大使館周辺の複数の道路を遠回りしながらかいらい大使館の前通りにまで接近した後、車を止めて放送デモを行った」と報じた。