PTSDを患っていることを明かしたレディー・ガガ
 - Samir Hussein / WireImage / Getty Images

写真拡大

 歌手のレディー・ガガ(30)が、10代の頃にレイプされたことでPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患っていると米NBCの朝の情報番組「トゥデイ」で語った。

 「トゥデイ」では、LGBTのホームレスの若者たちが居るニューヨークの施設を、ガガがたくさんのプレゼントを持って訪問した際の映像を放送。その中でインタビューに応じたガガは「今日、彼らに言ったの。『わたしはPTSDに苦しんでいる』って。このことは今まで誰にも言ったことがなかったわ。でもドクターたち、そしてわたしの家族や友人たちが示してくれた“優しさ”に人生を救われたの。わたしは自分自身を癒やす方法を探し続けてきたけど、“優しさ”こそが最高の方法だった」と明かした。

 ガガは2014年に出演したラジオ番組「ハワード・スターン・ショー」で、19歳のときに20歳以上年上の音楽プロデューサーからレイプされた過去を打ち明けていた。「ここに居る子供たちはホームレスというだけではないの。多くの子たちがトラウマのサバイバーなのよ。彼らは何らかの形で拒絶されてきた。わたし自身のトラウマが、他人のトラウマを理解する助けになっているの」。一人一人に優しく寄り添うガガに抱きしめられた若者たちは、心を打たれた様子でそれぞれにつらい過去を語り、大粒の涙を流していた。(朝倉健人)