軽自動車を含めた2016年11月の新車販売ランキングで日産ノートが初めてナンバー1に輝きました。同月の販売台数は1万5784台を記録。今回の新型ノートは、フルモデルチェンジではなくマイナーチェンジであり、しかも軽自動車を抑えての快挙!! その牽引役はもちろん100%電動駆動車でシリーズハイブリッドの「e-POWER」です。

1

しかし、意外にも日産が車名別販売ランキングで1位を獲得するのは、約30年(30年2カ月)前の86年9月のサニー以来のこと。この頃のサニーはカローラと熾烈な販売競争を繰り広げている時代です。いまのノートのライバルはアクアやプリウスなどのハイブリッドモデル。そこで電動駆動車両のe-POWERを看板としたノートが1位を獲得したのは時代の流れを感じさせます。

ただ、現行ノートは、サニーの後継的役割を担っていたティーダ(沖縄の方言で太陽を意味する)の後継的モデルであり(上級のメダリスト)、サニーの系譜を受け継ぐノートが30年ぶりに1位に輝いたことになります。

ハイブリッドが出る前のコンパクトカー、マーチやキューブなどでトップに立っていなかったのは、本当に驚きですし喜ばしいことですけど、あまりニュースになっていないのは、それだけ売れてなかったのか、と受け取られるかも?と危惧しておおっぴらに広報していないのかも知れませんね。

さて、絶好調といえるスタートを切った日産ノートは、発売から約3週間を経過した11月23日には、月間販売目標の2倍となる2万台を突破する受注を獲得。なお、同日時点で「e-POWER」は78%と8割近くを占めていて、 モーター駆動ならではの力強さ、燃費、そして日産ノートの大きな美点である後席や荷室の広さなどが支持された大きな要因でしょう。

ライバルと比べると割高と思える価格設定ですが、「踏み間違い衝突防止アシスト」や、対車両だけでなく歩行者も検知する「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」、車線逸脱警報の「LDW」には、車線維持機能も備わるなど、グレード別設定とはいえ、安全装備の充実を考えるとその人気ぶりがうかがえます。

日産の国内販売を担当する専務執行役員の星野朝子氏は、「ノートが月間国内販売でトップに輝いたことは、大変喜ばしく誇りに思います。e-POWERを試乗した多くのお客さまが、e-POWERに『惚れて』購入してくださると聞いています。まさに、技術の日産を高く評価して頂けた証だと自負しています。今後も多くのお客さまに、素晴らしい商品を提供していきたいと思います」とコメントしています。

(文/写真 塚田勝弘)

日産がノートで約30年ぶりに新車販売ランキング1位獲得!! 30年前の車種は?(http://clicccar.com/2016/12/06/423808/)