“魚人間”に扮するはイ・グァンス (C)2015 CJ E&M, WOO SANG FILM

写真拡大

 第66回カンヌ映画祭短編部門パルムドール受賞作「セーフ(原題)」の脚本も手がけたクォン・オグァン監督の長編映画初監督作で、新薬治験の副作用で“魚人間”に変異してしまったフリーターを描く「フィッシュマンの涙」のメイキング映像が、公開された。撮影のたびに4〜6時間を要したという特殊メイクの舞台裏を明かす内容だ。

 就職難にあえぐパク・グ(イ・グァンス)は、魚人間になったことから生活が一変。あらゆるメディアで取り上げられ、マスコットとして祭り上げられる反面、差別や憎悪の対象にもなってしまう。さらに、パクとその父、パクを取材する記者サンウォン(イ・チョニ)、パクの女友だちジン(パク・ボヨン)の4人は、製薬会社のもみ消し工作に巻き込まれ、居場所を失っていく。

 魚人間と化したパクに扮するのは、「コンフェッション 友の告白」やテレビドラマ「トンイ」で知られるイ・グァンス。「魚を演じる機会は恐らくこれっきりだろうから」と長時間の特殊メイクに耐え切り、人間とも魚とも違う異形の存在を演じきった。総重量8キログラム超となる魚人間のマスクは、内部にフェイスガードや呼吸装置が取り付けられたハイテクな代物。映像では、モデリングの様子からマスクの制作過程、メイクの一部始終、絵コンテまでこと細かに明かされ、手のひらの水かき、うろこ部分の着色など職人技の数々を確認できる。

 「フィッシュマンの涙」は、「オアシス」「ポエトリー アグネスの詩」で知られる名匠イ・チャンドンが製作総指揮を務める。12月17日から全国公開。