「ジャスティス・リーグ」メンバー
の単独映画 写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 米ワーナー・ブラザース×DCエンタテインメントの新作映画「アクアマン(原題)」の全米公開日が2018年10月5日に決定したと、米Deadlineが報じた。

 海底アトランティスの王者アクアマンは、無骨で怪力、水陸両生で地上ではアーサー・カリーと名乗るヒーローだ。同キャラクターを演じるジェイソン・モモアは、今年の大ヒット作「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」にカメオ出演。DCのヒーローチームを描く「ジャスティス・リーグ」(17年冬公開)にも出演している。

 メガホンをとるのは、「インシディアス」シリーズや「ワイルド・スピード SKY MISSION」の監督で、原作コミックの大ファンを公言するジェームズ・ワン。タイトルロールのモモアのほか、ヒロインのメラ役でアンバー・ハードが共演する。

 同作をはじめ、「ジャスティス・リーグ」の各メンバーを主人公にした単独映画が続々と準備されており、17年夏にはガル・ギャドットが美女戦士に扮する「ワンダーウーマン」が公開。その他ベン・アフレックが監督・主演を務める「ザ・バットマン(原題)」、エズラ・ミラー主演の「フラッシュ(原題)」などが企画中だ。