写真提供:マイナビニュース

写真拡大

データサイエンティスト協会ならびにスキル委員会は12月5日、データサイエンティストに必要とされるスキルをセルフチェックできるサイト「スキルチェック(フルバージョン)」を公開したと発表した。

スキルチェックは、分析スキルのマッチング時のギャップ解消やスキル向上のための標準基準として、個人・企業・研修機関などで「スキルチェックリスト」をより一層活用するために開発されたもの。「データサイエンティスト スキルチェックリスト(スキルチェックリスト)」で定義された422のスキル項目すべてを網羅したセルフチェックがWebサイト上で行える。

必須項目のみをランダムに出題し簡易的にセルフチェックを行う「スキルチェック(簡易バージョン)」に比べ、より詳細なチェック結果を得られるようになったことに加え、チェック結果については、Webサイトへの保存や結果データのダウンロードが可能となり、チェック結果の利活用がより容易になった。

データサイエンティスト協会ならびにスキル委員会では、同スキルチェックをデータサイエンティストに必要なスキルを客観的かつ定量的に測定できるツールとして、社会での活用を推進していくという。

また、、ビッグデータやIoT、AIを活用する上で不可欠な職種といわれるデータサイエンティストの数が日本国内で絶対的に不足している課題の解決と、この新しい職業が健全に成長をするための環境整備に、今後も取り組んでいくとのこと。

;;link;

/news/2014/12/15/129/

/news/2013/07/17/018/

/news/2016/12/02/362/

/news/2016/11/30/182/

/news/2016/11/29/020/

データサイエンティスト協会

(Aries)