「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 (C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

 米映画芸術科学アカデミーが、第89回アカデミー賞視覚効果部門の候補作品20本を発表した。

 この20作品のなかから、さらにファイナリスト10作品が選ばれ、最終ノミネート5作品に絞られる。ノミネート作品の発表は2017年1月24日。授賞式は2月26日に開催される。

 視覚効果賞候補20作品は以下の通り(原題のアルファベット順)。

「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」
「メッセージ」
「BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」
「デッドプール」
「ディープウォーター・ホライゾン(原題)」
「ドクター・ストレンジ」
「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」
「インデペンデンス・デイ リサージェンス」
「ジャングル・ブック」
「Kubo and the Two Strings」
「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」
「パッセンジャー」
「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」
「スター・トレック BEYOND」
「スーサイド・スクワッド」
「ハドソン川の奇跡」
「ウォークラフト」
「X-MEN:アポカリプス」