人気モデルのヘイリー・ボールドウィン (c)Imagecollect.

写真拡大

20歳のモデルのヘイリー・ボールドウィンが、歌手のテイラー・スウィフトの仲良し軍団を理解できないとコメントした。

テイラーは女優のセレーナ・ゴメス、モデルのカーリー・クロス、ジジ・ハディッド、カーラ・デルヴィーニュ、リリー・オルドリッジら豪華なセレブと仲良しで、彼女たちはテイラーの「Bad Blood」のミュージックビデオに出演したり、一緒にパーティーをしたりして話題になってきた。そんな彼女たちは「Taylor Swift Squad(テイラー・スウィフト軍団)」と呼ばれている。

そんなテイラー軍団について、ヘイリーはウェブサイト「Yahoo7 Be」に「テイラー・スウィフト軍団はまったく理解できないわ」「スクワッド(軍団)を持つっていう意味が分からない。私はただ友達がいる。それだけよ」「公のスクワッドを作る必要があるとは思わない。それが何を証明するのか分からないわ」「だから、私はまったくテイラー・スウィフト軍団を理解できないの」とコメントした。ヘイリーはテイラー軍団のジジと仲良しであるが、軍団自体を評価はしていないようだ。

スクワッドを作ることに批判的なセレブはほかにもいて、女優のクロエ・グレース・モレッツは「グループを作ることの問題は独占的になること」だと意見を述べていたことがあるほか、歌手のデミ・ロヴァートも今年10月、テイラー軍団について「人々がどんなふうに見えるべきか、どうなるべきかっていう間違ったイメージだと思う。現実ではないわ」と批判していた。