やっちまった!好きな人の前で酔って醜態をさらした際の4つの対処法

写真拡大

気になる人も参加した飲み会で、舞い上がった&緊張から飲みすぎて忘却の彼方へ行ってしまったあなた…。飲まない女子ばかりだったので場を盛り上げようと自爆したあなた…。
大人女子は実はシャイだったり、いろいろと頑張りすぎちゃったりするものですよね。うんうん。

翌朝、「やっちまった…」と頭を抱えるあなたへ、元・モーレツ酔っ払い列伝保持者のオクトパス高橋が、4つの対処法をご提案します。

【1】ひとまず、悩む前に丁寧に謝るべし


いわゆる「案ずるより産むが易し」です。悩んだ結果、勝手になかったことにしちゃうのはNG大魔王。単なるクレイジー女として誤解されたまま一生を送ることになります。

まずは電話やメールなどで謝罪して。
もし、社内の飲み会だったら直接、みんなに丁寧に謝って回りましょう。

ちなみにわたしは、10年ほど前の社内忘年会で面白マントヒヒと化し、新橋の「切腹最中」を配ると共に丁寧に謝りました。
(※切腹最中とは昔からビジネスマンがミスなどをした際に「切腹したいくらい申し訳ない思いです!」という気持ちを伝えるアイテムです。)

さて。話は戻りますが、いざ好きな人に謝る時がきたら、女性らしくとても丁寧に謝ります。酔っ払いのイメージが吹き飛ぶくらい丁寧に。上品に。

ここで注意したいのが、開き直って「ガハハ系」三枚目女子のような体育会系のノリでは謝らないこと。女として見られなくなります。「イロモノ」として扱われ、切ない女心はボロ雑巾のようになるでしょう。
きちんと謝るという行為は人として当然のことです。心を込めて謝ってください。

【2】少し時間をおき、敢えてお酒の席で挽回!


怖くて、好きな人のいる飲み会に参加できない!と思うのは自然な反応です。反省してしばらくお酒を控えるのも必要ですし、怖いと思うのも大切なこと。そうでないと過ちを繰り返してしまいますから。

しかし、お酒の席でのイメージダウンはお酒の席で挽回するのが一番早いもの。
もし、次も好きな人が参加する飲み会があるなら逃げないで、それだけは勇気を出して参加しましょう。飲み方を改め、必ずチェイサー(お水か炭酸水)を用意してほどよく飲みます。

緊張しいの方は、お酒の前に牛乳か豆乳を飲んで内臓にバリアを張るのもオススメです。空きっ腹だと酔いが回りやすくなるので、おつまみも積極的に食べるようにしましょう。

わたしはたくさんの失敗をしてきました。緊張しいな上に、「盛り上げなきゃ!」といういらないプレッシャーで飲んでしまうので、度々自分に狼狽していました。
でも、心から反省する出来事があり、飲み方が変わったのです。

駅で月に向かって遠吠えしたり、コンビニと家を間違えたり、転んで居酒屋の障子ごとひっくり返ったり、財布を冷凍庫に入れていたり、ポケットにひじき煮が入っていたり…こんなわたしにも飲み方を変えることはできました。

大丈夫ですよ。

あれから反省して、飲み方を工夫したらキレイにお酒を飲めるようになったとわかってもらいましょう。
「反省したんだな」もしくは「あの時は緊張して飲みすぎただけだったのかな」と、酔っ払いの姿から今のきちんとした姿にだんだんと記憶は塗り替えられていきます。

そう、さっきも言いましたが、お酒の席での失敗はお酒の席で取り戻すのが一番即効性があるのです。

【3】お酒の席以外で挽回したい方には…


まず、同じ職場の場合は挽回のチャンスが目白押し!とにかく真面目に過ごしてください。ゴミが落ちていたら拾う。挨拶はきちんとする。毎日を丁寧に謙虚に過ごしていればOKです。

それ以外の場合は先に述べたように、電話かメールですぐに謝り、その後はしばらくこちらから誘ったり、連絡したりするのは控えましょう。

しつこく謝ったりすることは逆効果。時間が解決してくれるのを待ちます。
あちらから連絡が来る分にはお返事しても大丈夫ですが、基本は静かに時の流れに身を任せましょう。

【4】ストレスフルな時はお酒を飲まないススメ


失敗は誰にでもあります。だから大丈夫。
これから先、気を付けて頂きたいのは、ストレスフルな時はお酒は飲まない、ということ。

「チッキショー!今日は最悪だー!飲まなきゃやってらんねー!」という日もありますが、そんな日は危険なので飲酒はせず、そのセリフを言うだけにして帰宅しましょう。
日本中の困ったちゃんが少しでも元気になりますように。愛をこめて…。

ライタープロフィール


オクトパス高橋
恋愛コラムニスト。様々な媒体にて執筆中。
悩める大人女子を救済すべく立ち上がった方向音痴のポジティブ伝道師。料理研究家の高橋わこうと同一人物説が出ていることを物凄く否定している。