BBクリームとCCクリームの違いって?冬におすすめなのはどっち?

写真拡大 (全2枚)

化粧品売り場では、BBクリームとCCクリームの両方を目にするようになりました。どちらも化粧下地とファンデーションが一緒になったようなもので、どう違うのか、どちらを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、BBクリームとCCクリームについてご紹介します。

BBクリームとは?

Blemish Balmの略称

BBクリームのBBとはBlemish Balm(ブレミッシュバーム)の略で、傷や欠点を補う油という意味があります。

元々は治療目的で使われていましたが、その保湿機能や皮膚再生機能に着目しメイク品として作られるようになりました。

 

オールインワンが特徴

ベースメイクにおいて時短がうたわれるようになり、BBクリームの人気が上昇しました。
日焼け止め・化粧下地・ファンデーションが1つになっているのはもはや当たり前で、最近では美容液や乳液の効果が入っているものまで登場しています。
忙しい方、メイクに疎い方でも手軽に使えるのがBBクリームと言えるでしょう。

出典:スキンケア大学

 

CCクリームとは?

定義は様々

CCクリームの定義は様々です。
カラーコントロールやコンプリートカバーなど、メーカーによってCCの意味合いは変わってきますが、どれにも共通して言えるのがBBクリームの進化系ということです。

 

肌色補正が特徴

(株)ディセンシアさまより「サエル ホワイト CCクリーム クリアリスト」をお試しさせて頂きました❤ 紫外線や環境ストレスからお肌を強力にガードし、さらに美容液レベルのスキンケア効果も兼ね備えた敏感肌用美白化粧下地です。確かにSPF50+PA++++で紫外線対策バッチリ🙆 テクスチャーはしっかりめですが、お肌へののびはよく、カバー力もありましたねー。お肌を明るくしてくれました。ベージュの色味があるので、そのままでも充分適度なツヤ肌ですが、フェイスパウダー乗せると、よりしっかりとお肌のアラなどカバーされますね👍高UV値なのに敏感肌用なので、お肌にやさしいのは嬉しいです😍ありがとうございました😊 #DECENCIA #ディセンシア #saeru #サエル #CCクリーム #monipla#透明感#美白#紫外線ケア

A photo posted by べっくとふく (@beck627fuku) on

CCクリームは、BBクリームほどのカバー力は望めませんが、肌色を補正して肌を綺麗に見せてくれる効果が高いと言えます。
自分の肌色にあったCCクリームを使うことで、自然に欠点をカバーしてくれます。
厚塗り感が苦手な方や透明感を求める方はCCクリーム1本で仕上げても良いですし、しっかりメイクをしたい方はCCクリームを下地として使っても良いでしょう。

出典:スキンケア大学

 

どっちを選べは良い?

それぞれの特徴から、どちらが自分の肌には必要なのかを総合的に判断してみましょう。

1つでカバー力をゲットでき、時短で済ませたい方にはBBクリームがおすすめです。
逆に、透明感や肌色補正、またメイク下地として使いたい方にはCCクリームがおすすめになります。

 

冬ならどっち?

寒い冬に選ぶならCCクリームが良いでしょう。
CCクリームの方がスキンケアの要素を意識しているものが多く、さらに透明感を出せる仕上がりになっています。
そのため、乾燥によってくすみやすい肌にも綺麗に馴染み、ナチュラルに仕上げてくれるでしょう。

出典:女性の美学

BBクリームとCCクリームは、違いがあります。
実際に使用してみたり、店員さんの話を聞いたりして、
どちらが好みか見つけてみてください。

季節やお肌の状態に合わせてぴったりのコスメを見つけてください。