写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インテリジェンスが運営する「DODA(デューダ)」は12月5日、「平均年収ランキング2016」を発表した。

同ランキングは2015年9月〜2016年8月の1年間に、DODAエージェントサービスに登録した約27万人のデータをもとに、正社員として就業する20〜59歳までのビジネスパーソンの平均年収と生涯賃金をまとめたもの。

同ランキングによると、正社員の2016年の平均年収は、前年比2万円増の442万円となった。2014年、2015年と続けてマイナスだった平均年収が、3年ぶりにプラスに転じたという。

86職種の平均年収ランキングは、上から「投資銀行業務」(777万円)、「運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)」(773万円)、「MR」(710万円)の順位となった。

前回4位だった「運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)」が86職種の中で最も平均年収の増加額が大きく、前回比で86万円増だったとのこと。順位も2位へと上げており、それに伴い、前回2位の「MR」、3位の「経営企画/事業企画」が1つずつ順位を下げた。

「CAE解析」、技術系(IT/通信)の「研究開発」が上位にランクインしている背景には、ビッグデータ活用の機運の高まりがあると考えられ、データを用いた予測解析や人工知能(AI)といった先端技術への注目が集まっており、関連する職種の年収を押し上げていると見られるという。

67業種の平均年収ランキングは、1位が「投信/投資顧問」(701万円)で、前回に比べて20万増となり、前回2位から1位へと返り咲いた。次いで、2位が「医薬品メーカー」(672万円)、3位が「医療機器メーカー」(582万円)となっている。

前回から最も年収が上がった業種は8位の「損害保険」(550万円)で、60万円増だったという。