「レアンドロ・エルリッヒ展」森美術館で - 《スイミング・プール》のアーティスト、東京初の大規模個展

写真拡大

「レアンドロ・エルリッヒ展(仮題)」が六本木・森美術館で開催される。会期は2017年11月18日(土)から2018年4月1日(日)まで。

本展では、アルゼンチン出身の現代芸術家、レアンドロ・エルリッヒの24年にわたる活動の全貌に迫る。東京における初の大規模個展だ。日本でも活躍する彼の代表作《スイミング・プール》は、多くの人が一度は必ず見たことがある有名な作品だ。金沢21世紀美術館に設置されている本作は、外から見ると、中にいる人がまるで水中にいるような、一方で中から見ると自分が水中から地上を仰ぎ見ているような、不思議な感覚を体験できる。

さらに、鏡の効果を利用し、まるで建物の壁にぶら下がっているような光景を再現した「建築」シリーズも。家やプールなど、身近なものを対象に、観客までもを引き込んでしまう彼の作品は、ただユニークで、楽しいだけではない。誰にとっても日常的で卑近なものを、少しズラし、私たちが当たり前だと思っている常識や世界を揺さぶるのだ。実際に作品の中に入り、視覚だけでなく、全身の感覚を通して体感することで、日常に新しい世界が立ち現れる。本展は、アートの知識がない人でも、芸術が持つ力に触れるきっかけを与えてくれるだろう。

【詳細】
レアンドロ・エルリッヒ展(仮題)
会期:2017年11月18日(土)〜2018年4月1日(日)
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F


[写真付きで読む]「レアンドロ・エルリッヒ展」森美術館で - 《スイミング・プール》のアーティスト、東京初の大規模個展

外部サイト

  • 「ランス美術館展」東京新宿で- 17世紀から現代までのフランス絵画を展望、日本初公開の藤田嗣治作品も
  • 「ピーターラビット展」がグランフロント大阪で - 自筆原画やスケッチなど日本初を含む200件以上
  • ハトラから世界ひとつだけの“こたつ” - 東京・御徒町の展覧会で披露、コタツに入ってゲーム体験も