「ランス美術館展」東京新宿で- 17世紀から現代までのフランス絵画を展望、日本初公開の藤田嗣治作品も

写真拡大

展覧会「ランス美術館展」が、東京・新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催される。会期は2017年4月22日(土)から6月25日(日)まで。

本展は、16世紀のルネサンスから21世紀の現代アートまで幅広い所蔵品を有し、フランス絵画の宝庫として知られるランス美術館のコレクションを紹介する展覧会。時代ごとに4つの章に分けられ、本展を鑑賞すればフランス絵画の歴史を一望して知ることができる。

第1章 国王たちの時代

イタリアやフランドルの影響を受けていたフランス美術が、しだいに独自の様式を確立するようになった時代を紹介。17世紀のルイ14世治で築かれた豪華絢爛なバロック様式と、18世紀のルイ15世治下で発展した優美なロココ様式から、貴族の肖像画などの絵画が展示される。

第2章 近代の幕開けを告げる革命の中から

1789年のフランス革命で没落した貴族の芸術の代わりに、知的な新古典主義が登場する。その後、新古典主義に対抗する形で、自由な表現を求めたロマン主義が出現。ここでは、新古典主義の巨匠ジャック=ルイ・ダヴィッドの作品や、写実主義の画家ギュスターヴ・クールベの作品などが展示される。

第3章 モデルニテをめぐって―印象派からポスト印象派―

鮮やかな色彩と自由なタッチで近代的な主題を新しい技法で表現した、シスレーやピサロなど印象派画家たちのの作品を紹介。さらに、印象派の影響を受けながらより新しい絵画を探究したゴーギャンら、ポスト印象派の作品も並べて鑑賞することができる。

第4章 フジタ、ランスの特別コレクション

晩年にフランスに帰化したレオナール・フジタ(藤田嗣治)は、ランスのノートル=ダム大聖堂で洗礼を受け、自らが眠る礼拝堂をこの地に建立するなど、ランスと縁が深いことで知られている。2013年と2014年にはフジタの遺族が作品をランス美術館に寄贈し、ヨーロッパで最もフジタの作品を有する美術館となった。本展では、フジタを象徴するモチーフである猫を描いた作品や、館外初貸出となるフジタ礼拝堂のフレスコ画やステンドグラスのための素描が出展される。

【詳細】
「ランス美術館展」
期間:2017年4月22日(土)〜6月25日(日)※月曜休館
会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
住所:東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
開館時間:10:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料:一般 1,300(1,100)円、大学・高校生 800(650)円、シルバー(65歳以上) 1,100円※中学生以下無料
※括弧内は前売り及び20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方とその付添いの 方1名は無料。被爆者健康手帳をお持ちの方はご本人のみ無料。
アクセス:新宿西口より徒歩5分

【問い合わせ先】
ハローダイヤル
TEL:03-5777-8600


[写真付きで読む]「ランス美術館展」東京新宿で- 17世紀から現代までのフランス絵画を展望、日本初公開の藤田嗣治作品も

外部サイト

  • 「レアンドロ・エルリッヒ展」森美術館で - 《スイミング・プール》のアーティスト、東京初の大規模個展
  • クリスチャン ダダからクリスマスに向けたジュエリー、ロープ・縫い針がモチーフのリングやバングル
  • 「第68回さっぽろ雪まつり」 - 1.5kmにわたる雪氷像、モエ・エ・シャンドンの限定ラウンジも登場