最終節出場のメッシ、C・ロナウドが持つCL・グループステージ得点記録更新なるか!?

写真拡大

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、6日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ最終節のボルシアMG戦で新たな記録を受理する可能性があるようだ。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えた。

▽今シーズンのCLグループステージ5試合中4試合に出場しすでに9ゴールを奪っているメッシ。あと2ゴールでグループステージにおける1シーズンの最多得点記録に並ぶようだ。また、今シーズンのメッシは、第1節のセルティック戦と第3節のマンチェスター・シティ戦でハットトリックを達成している。3度目のハットトリックを達成すれば、新記録樹立となる。そのメッシは、最終節のボルシアMG戦に出場することをルイス・エンリケ監督が明言している。

▽なお、現在の記録保持者は、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。2015-16シーズンに11ゴールをマークし、そのうちの6ゴールはマルメ戦で奪っている。

▽また、C・ロナウドとメッシはCLの最多得点記録でも争っており、C・ロナウドが95ゴール、メッシは92ゴールをマーク。どちらが先に100ゴールの大台を突破するかにも注目が集まる。

▽UEFA公式サイトは、1992-93シーズン以降のCLグループステージ得点王を掲載している。そのランキングは以下の通り。

◆CLグループステージ得点王

2015-16:C・ロナウド(11ゴール)

2014:15:ルイス・アドリアーノ(9ゴール)

2013-14:C・ロナウド(9ゴール)

2012-13:ユルマズ、C・ロナウド(6ゴール)

2011-12:ゴメス、メッシ(6ゴール)

2010-11:エトー(7ゴール)

2009-10:ロナウド(6ゴール)

2008-09:ベンゼマ、ジェラード、クローゼ、メッシ(5ゴール)

2007-08:イブラヒモビッチ、ロナウド(5ゴール)

2006-07:ドログバ、カカ、モリエンテス(5ゴール)

2005-06:シェフチェンコ(6ゴール)

2004-05:ファン・ニステルローイ(8ゴール)

2003-04:ドログバ、マカーイ、プルショ、シュクール(5ゴール)

2002-03:クレスポ、インザーギ(8ゴール)――1次グループステージのみ

2001-02:エウベル、トレゼゲ(6ゴール)――1次グループステージのみ

2000-01:リバウド、シモーネ(6ゴール)――1次グループステージのみ

1999-2000:ジャルデウ、リバウド(5ゴール)――1次グループステージのみ

1998-99:ザホビッチ(7ゴール)

1997-98:アンリ(6ゴール)

1996-97:ボクシッチ、アルトゥル、ジャルデウ、パンティッチ、シメオネ、シモーネ(4ゴール)

1995-96:リトマネン(6ゴール)

1994-95:ウェア(6ゴール)

1993-94:ルーファー(4ゴール)

1992-93:ソゼー(5ゴール)