ヨルダン戦で奇跡的なPKストップを見せた川口能活【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

視聴者というよりスタッフを安心させるための一言

 ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。今回は、日本代表戦の解説でおなじみの松木安太郎さんによる、自らの解説についての解説をお届けする。「黙って見ましょう」、「ふざけたロスタイムですね」などの名言はいかにして生まれたのだろうか。

----------

「まだわかんないですよ! 諦めちゃダメですよ!」
(2004年アジアカップ準々決勝 ヨルダン戦、PK戦で絶体絶命の状況となり)

 日本の国家斉唱の際ブーイングが起こるなど、完全アウェイで行われた2004年アジアカップ準決勝。序盤で失点するも、わずか3分後に鈴木隆行の同点ゴールで追いつく。しかし、試合は延長戦でも決着がつかずPK戦へ突入。

 メインスタンドから見て左側のPKスポットはピッチ状態が劣悪で、一人目のキッカーを務めた中村俊輔は足元を滑らせ失敗。続く三都主アレサンドロも失敗したところで、当時キャプテンを務めていた宮本恒靖がPKエンド変更をレフェリーに申し出る。

 異例のPKエンド変更後、日本の三人目福西崇史は成功。しかし、一方のヨルダンは三人目終了時点で全員成功。次に相手が成功すれば日本の大会敗退が決定するという状況で、誰もが敗戦を確信した。その瞬間に松木氏から出た一言が、この「まだわかんないですよ! 諦めちゃダメですよ!」であった。

 この時、松木氏が解説をしていたテレビ朝日のスタッフも「負けるかもしれない」との思いを抱いていたようだ。スタッフらが「このまま負けたら、ウイグル地区を回って帰らないといけないから帰れない」と松木氏に漏らしていたようで、彼らを安心させる意も込めて「大丈夫だから! まだ絶対大丈夫だから。まだ決まってないんだから!」と解説していたことを明かした。

 この後、川口能活が好セーブを見せ奇跡の決勝進出を果たした日本代表。多くの視聴者が松木氏の言葉を聞き勇気づけられただろうが、視聴者だけでなくテレビ局のスタッフを安心させるための言葉でもあったことを、当時は知る由もなかっただろう。

視聴者の言葉を代弁した“つぶやき”「他に言いようがない」

「なんなんですかこれ」
(2011年アジアカップ グループステージ第2戦 シリア戦、川島永嗣へレッドカードが提示され)

 グループステージ初戦のヨルダン戦を引き分け、厳しいスタートを切った日本。第2戦のシリア戦は、前半35分に長谷部誠のゴールで先制する。しかし後半27分、ピンチを防ぐために飛び出した川島永嗣が相手選手を倒したとしてレッドカードを提示され一発退場。「なんなんですかこれ」は、このジャッジに対して出た言葉である。

 松木氏は、このフレーズを計3回連呼しており、「いや、あれは『なんなんですか』ですよ。他に言いようがないでしょ?(笑)」と語った。

過去の経験から「余計なことは言わない」という教訓を得た

「黙って見ましょう」
(2011年アジアカップ グループステージ第2戦 シリア戦、本田圭佑のPKについてコメントを求められ)

 川島永嗣の退場で波乱の展開となったシリア戦だが、後半35分に岡崎慎司がペナルティーエリア内で倒されPKを獲得。ボールを持ったのは本田圭佑。決めれば勝ち越しという緊張の場面で、当然のように実況アナウンサーは松木氏にコメントを求める。この「黙って見ましょう」は、この時の松木氏の“コメント”である。

 この一言について、「いや、これはやっぱり見た方が良いっていうね」と話すと、過去に起きた自らの知られざる経験を激白した。2000年に行われたシドニー五輪の準々決勝アメリカ戦は、PK戦にまでもつれる激闘だった。その試合を解説していたのが、他でもない松木安太郎氏である。

 日本の4人目、中田英寿が蹴る直前、2011年のアジアカップと同じようにアナウンサーから解説を求められた。「こういう時に責任感でチームを引っ張って、責任のある仕事をしている選手に限って往往にして外したりするんだよね」という話をしたのだという。

「という話をしたら外れちゃった、という経験があるから。言霊のようになるといけないから」と、解説者として言いたくても言えない、という葛藤があったことを告白した。

 このシリア戦では本田が無事PKを成功させたが、ゴール真ん中に蹴り込んだために焦りを隠せず、松木氏は「入ってよかった」と胸をなでおろしたという。

「早く解説を終えて愛犬のことを考えたい」という本音を隠し切れなかった一言

「ふざけたロスタイムですね」
(2011年アジアカップ グループステージ第2戦、アディショナル「6分」が提示され)

 本田圭佑のPKで勝ち越した日本だったが、苦しい状況は変わらず。守り抜きたいという状況で表示されたアディショナルタイムの表示はなんと「6分」だった。

「ふざけたロスタイムですね」

 思わず松木氏の口から出てしまったのがこの一言である。

 苦しい状況がまだ6分も続くのか、という選手の気持ちを代弁しているかのように聞こえるこの一言であるが、実はこの6分間は選手だけでなく松木氏自身を苦しめていた。

 松木氏がこの大会に向けてカタールへ出発したのは1月4日。年明けで忙しい時期の出発を強いられた上に、何十年も可愛がっていた松木氏の愛犬が正月に他界したのだ。松木氏は「ああ、カタールに行かなきゃいけないのか……」と落胆をしながらもお葬式を済ませ、「さあ、切り替えていこう」とカタールへ出発。

 しかし、大会中も「早く(仕事を)終えて犬のことを考えたい」と悲しみは止まず。そんな中でアディショナルタイム6分の表示を受け、「このまま勝てば終わるのに! ロスタイムが6分だから! ふざけたロスタイムだな!」と、憤慨したという。

 すでに一つのサッカー用語になりつつある(?)、あのフレーズの裏で起こっていたもう一つの物語が明らかになった。

text by 編集部