石田(株)(TSR企業コード:400027810、法人番号:2180001034135、岐阜市長住町5−4、設立昭和24年12月、資本金9800万円、神鳥実社長)は12月2日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には福田大助弁護士(成和明哲法律事務所、東京都港区虎ノ門4−3−1、電話03−5405−4080)が選任された。
 負債総額は約28億4400万円。

 明治7年に滋賀県で創業し、当初は生地・服糸・手芸糸・ボタン等の服飾付属品の卸売を展開していた。その後はアクセサリー販売、インナーウェア、ホビー用品、アパレル事業等の部門構成となり、ピークとなる平成4年5月期には売上高158億7944万円をあげていた。
 しかし、その後は安価な海外製品との競合等もあり販売環境は悪化し赤字を散発。多額の借入金を抱え、苦しい資金繰りに陥っていた。28年2月期の売上高は17億460万円に落ち込み、資産売却による特別利益の計上で採算を維持したが、借入負担が重く支えきれずに今回の措置となった。