画像

写真拡大

 ピツニーボウズジャパンとLOCUSは、協業を発表。今後両社は、対話式パーソナライズド動画ソリューションの提供を進めていく。

 ピツニーボウズジャパン(以下、ピツニーボウズ)とLOCUSは、対話式パーソナライズド動画ソリューションの提供において協業を開始する。

 今回の協業では、動画を中心としたマーケティング支援を行ってきたLOCUSの知見やノウハウに、ピツニーボウズの「EngageOne Video」の技術を組み合わせることで、顧客満足度の向上、顧客とのエンゲージメント強化、業務効率化などを狙う。EngageOne Videoは対話機能を持つ動画ソリューション。制作動画と企業が保有している視聴者の属性情報や購買データなどの行動履歴を独自技術により連携させることができる。

 さらに、動画内に選択肢を用意する、コメント欄を用意するといった動画にインタラクティブ性をもたせることもできる。

MarkeZine編集部[著]