6日、安倍晋三首相が米ハワイの真珠湾を訪問し、オバマ米大統領とともに戦没者の慰霊を行うと発表したことが、中国でも高い関心を集めている。写真は真珠湾。

写真拡大

2016年12月6日、安倍晋三首相が米ハワイの真珠湾を訪問し、オバマ米大統領とともに戦没者の慰霊を行うと発表したことが、中国でも高い関心を集めている。

中国の各メディアは、日本メディアの報道を引用する形で、安倍首相が今月26、27日にハワイを訪れ、第2次世界大戦で日米開戦の舞台となったホノルル市の真珠湾を日本の現職首相として初めて訪問すると伝えた。

中国のインターネット上には「南京にはいつ来るのか」「13日はもうすぐだ(中国政府は12月13日を南京事件の「国家哀悼日」に定めている)」「真珠湾の前に南京に来てひざまずけ」「大虐殺の30万人の英霊が待っている」「日本は強者にのみ屈する。中国は一日も早く強者にならなければならない」などの書き込みが目立っている。(翻訳・編集/柳川)