秋竹新吾(あきたけ・しんご)●株式会社早和果樹園代表取締役社長。1944年、和歌山県有田市生まれ。和歌山県立吉備高校(現有田中央高校)柑橘園芸科を卒業後、実家の果樹園を継承して就農。1979年、近隣の7みかん農家とともに早和共撰を創業する。2000年に株式会社早和果樹園へと改組して現職。早和果樹園>> http://sowakajuen.com/

写真拡大

日本有数のみかん生産地である「有田みかん」。この地でみかん農業を牽引する早和果樹園(和歌山県有田市)は、1979年、7戸のみかん農家が「早和共撰」を組織して創業。その後、2000年に有限会社として法人化した(2007年に株式会社に組織変更)。みかんの露地栽培のほか、ジュースやジャム、ゼリーなどの加工品製造も手掛け、生産から加工、販売まで含めた6次産業に取り組んでいる。現在は常勤従業員約60人で年商7億8000万円を稼ぐが、「もとは守りの意識の強い、ただ熱心なだけの農家の集まりだった」と秋竹新吾社長はふり返る。そんな農家の集まりが、どのようにして加工品製造・販売に取り組むなど積極的な事業展開に挑戦するに至ったのか。その経緯を聞いた。

■法人化で拓けた可能性

――会社が飛躍するきっかけはいくつかあったかと思いますが、今振り返ってみて、これこそが早和果樹園のターニングポイントだったというものはありますか。

【秋竹】2000年11月に法人化したのですが、農家から会社になったことが、一番大きかったと思います。農家って、お金の勘定も含めて適当なところがあります。それまでは私と家内と息子の3人でやっていましたが、時間にはルーズだし、結構いい加減でしたよ。朝はそれほど早くないのに、昼寝をしたり、今日は暑いなと思えば、畑に出る時間を遅らせたり。家族でやってると、甘えも出てきてしまうんですね。

あるとき、研修生が半年ほどうちに来てくれたことがありました。その研修生がやる気のあるしっかりとした若者で、その人が来た途端、「明日は何する?」と計画的に考えるようになって。日曜日は必ず休みを取っていたのに、仕事が前へ前へと進んでいきました。

その頃は、「法人化」という選択肢を知りませんでした。そんなとき、法人化して目標を掲げて取り組む梅農家の話を聞き、これだ、と閃いたんです。私たち7戸の農家のうち、4戸に後継者ができたこともあり、やはり計画性を持ってやらなくてはダメだと考えを改めました。それまで共撰組合としてやってきた農家仲間を説得して、法人化したのです。

――法人化したことで、事業体としての覚悟が生まれ、加工業への参入や商品開発にも挑戦するようになったのですね。

【秋竹】そうです。みかん農家の場合、11月から1月にかけては非常に忙しいのですが、それ以外はそれほどでもないという状態でした。しかし、法人化したら、例えば人を1人雇うにしても、年間を通して仕事がないと成り立ちません。それで、周りの生産者がつくったみかんを集めて販売してみようとか、みかん加工をやってみようということになりました。

法人化していなかったら、おそらく加工はやってなかったでしょう。自分たちができる範囲のことを守ることで精一杯でしたから。法人化したことで、一農家ではできないことをやってみよう、と前向きな姿勢に変わった。これが大きなターニングポイントだったような気がします。

■地域の生産農家をどう支えるのか

――法人化をきっかけに、新しいことにも取り組んでこられたわけですが、将来を見据えたときに、経営の課題は何だとお考えですか。

【秋竹】私たちの世代は、昭和30年代にみかん農業がすごくよかった時代を知っている世代です。その後、昭和40年代後半から50年代前半には、みかんが大暴落した時代も経験しています。それが今ではみんな70代になり、次の世代が育っていません。このままでは、みかんづくりの担い手がガクンと減ることになります。原料としてのみかんが減れば、私たちのようなみかん加工会社にとっても大きな痛手です。みかんが少なくなってしまうかもしれない。これが一番の課題だと思っています。

――どの品目でも同じような悩みが聞かれます。農業生産法人として2次産業、3次産業に取り組んでも、根幹となる1次産業が衰退してしまっては、足元から崩れてしまいます。今後、農業を引退される方が増えたり、後継者の方が減ったりしていることに対して、早和果樹園としてはどのような取り組みをされているのでしょうか。

【秋竹】なかなか難しい問題だと思います。私たちの周りでも、あの畑はそろそろやる人がいなくなって空きそうだ、ということがわかります。60代70代の世代が急傾斜の畑でみかんづくりを続けていくのはしんどいですから。我々の会社でみかん栽培を広げていくことも必要だと考えています。

とはいえ、それだけでは追いつかないので、加工業者である私たちがみかんの買入価格を高くして、若い後継者がみかん栽培で生計を立てやすくしていくことも大事だろうと考えています。

今みかん農家は、生産量の90%以上を生果で出荷しようとしています。加工用で出荷しても捨て値になるだけなので、できるだけ綺麗なみかんをつくって、生で出そうとするわけです。ただ、生果で高く売ろうと思っても、外国産も入ってくるし、なかなか難しいのが現実です。そこで我々がみかんに付加価値をつけて加工用の買上価格を高くして、生産者を所得の面で支えていける形を構築していく。そのほうが実現性があるかもしれないと思っています。

■みかんを丸ごと有効活用

――成長のための次の一手としては、どんなことを考えていらっしゃいますか。

【秋竹】やはり、みかんをとことん追求して深掘りしたいですね。加工品については、これまでは外皮を剥いてから搾汁し、みかんの中身だけを利用する形でした。みかんを全部使おうと思えば、皮と袋も使えます。この皮や袋は非常に機能性が高いので、中身だけでなく皮や袋も有効活用して、みかんまるごとに付加価値をつけるような取り組みをしていきたいと考えています。

例えば、みかんの皮は漢方薬の陳皮として利用できます。現在は大手の漢方薬メーカーに原料として提供していますが、自社でも商品開発したいと考えています。また、袋にはポリフェノールの一種であるヘスペリジンや、食物繊維のペクチンが結構含まれているので、これも利用できます。皮や袋のほうが、中身よりもかえって幅広い分野で商品化できるのではないかと考えています。

――農業生産法人としてはこれまでにない取り組みですね。

【秋竹】みかんについても、新たな種苗を開発し、独自のみかんづくりを進めています。「水晶文旦」と「黄金柑」の花粉を交配して育種した、「早和の香」という新しい柑橘が4年前に種苗登録されました。この新品種は皮が薄く、12月頃から食べられて、とてもおいしい。今年、当社ではじめて結実した「早和の香」を築地市場の仲卸や取引先に見てもらったら、大変好評でした。これを来年か再来年をめどに、一人前の商品に育てていきたいと考えています。

構想としては、周りの生産者に委託栽培してもらい、私たちが責任をもって買い取る。綺麗なものは生果としても出荷し、同時に加工も行う。このようなやり方で、皆が生計を立てられる形で、新しい柑橘を世に広めていければと思っています。

(後編に続く)

----------

有限責任監査法人トーマツ
有限責任監査法人トーマツは、日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッドのメンバーファームの一員である。監査、マネジメントコンサルティング、株式公開支援等を提供する、日本で最大級の会計事務所のひとつ。

----------

----------

農林水産業ビジネス推進室
農林水産業ビジネス推進室はトーマツ内の農業ビジネス専門家に加え、農業生産法人などの農業者、小売、外食、食品メーカー、金融機関、公官庁、大学他専門機関など外部組織と連携し、日本農業の強化・成長を実現するための新しい事業モデルの構築を推進している。詳細はWebサイト(https://www2.deloitte.com/jp/aff)参照。

----------

(秋竹新吾(早和果樹園)=談 大和田悠一(有限責任監査法人トーマツ)=聞き手 前田はるみ=文・構成)