画像

写真拡大

 富士急ハイランドは、営業を休止した「ドドンパ」をバーチャルリアリティで楽しめるVRアトラクション「ほぼドドンパ」を12月9日よりオープンする。

 富士急ハイランドは、12月9日より、日本最速絶叫コースター「ドドンパ」をバーチャルリアリティで楽しめるVRアトラクション「ほぼドドンパ」をオープンする。

 「ドドンパ」は2016年10月2日をもって営業が休止されたが、「もう二度と乗れないの?」「休止前に乗りたかった」という反響があったため、全天候型VRアトラクションとして導入することになった。

 「ドドンパ」のホームに停車中のライドに乗り込み、ヘッドマウントディスプレイ(Galaxy GearVR)とヘッドホンを装着すると、発射に向けて準備中のシーンが広がる。ライドが発射する映像がスタートすると、1.8秒で時速172km/hに到達する加速力、身体が真横に傾いたまま疾走する大カーブでの振り飛ばされそうな感覚、高さ52mタワーの垂直上昇・垂直落下など、初代ドドンパの内容を、ホームにいながら、ほぼ体感することができる。

【ほぼドドンパの概要】
 所要時間:約3分
 定員:16名(8名×2台)、ホーム常設のドドンパの車両にて体験
 利用料金:13歳以上 500円、7歳〜12歳 300円
 利用制限:7歳以上で利用可能 ※メーカーの規定上、7歳〜12歳の「Galaxy GearVR」利用は不可なので、子ども用の機材で体験。

MarkeZine編集部[著]