“韓国で大活躍中の日本人”藤田小百合が「結婚したい」と強く思った瞬間とは?

写真拡大

藤田小百合が結婚を決心することになったきっかけについて言及した。

最近韓国で放送されたMBC every1「人間探求ストーリー、ワイルド舌(ソル)」では、お笑い芸人ソン・ウニがゲストとして出演し、結婚に対して話し合った。

この日、キム・ギョンシクは出演陣たちに「憧れの結婚生活は?」と聞き、ソン・ウニは「結婚して他人のように暮らす生活が羨ましい。私のものだと思わないのだ」と結婚観について語った。

続いて藤田小百合は「結婚前に同居または週末婚もいいと思う。恋人みたいで、夫婦みたいな関係」と率直に話し、キム・テフンは「“卒婚”が話題になっている。結婚から卒業するという意味だ。子供たちが大人になった時、独立するのだ。離婚するのではないが、生活を分離するのだ」と伝えた。

また藤田小百合は「私が夜遅く、不調でひとりで病院に行ったことがある。保険もない。80万ウォン(約7万6千円) を払った。家に帰るタクシーの中で結婚したいと思った」と告白し、キム・ギョンシクが「男と交際すること自体が保険に入ることだと思っているのか」と聞き「病気の時は、とても辛い」と付け加えた。

またキム・ギョンシクは「全世界的に結婚観が変わっている」と話し、キム・テフンは「ある学者たちは結婚が数年以内に消えてしまう可能性があると主張している」と説明した。

これにキム・ギョンシクは「同居には賛成するの」と聞き、ソン・ウニは「結婚式もいらないと思う。ただ一緒に住めばいい」と答えた。