写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Amazon.comが「Amazon Go」という実店舗型のグローサリーストア(食料品店)を発表した。Amazon社員のみ利用できるベータプログラムとして、ワシントン州シアトルに1号店を開店しており、2017年前半には一般のAmazonユーザーも利用できるようにする計画だ。

Amazon Goのキャッチフレーズは「No lines. No checkout. (行列なし、レジでのやり取り不要)」である。店に入るときに Amazon Goアプリを開いてチェックインし、買い物が終わったら商品を持って店を出るだけ。店内には様々なセンサーが設置されており、ディープラーニングも用いたシステムによって、店内での商品の状態や利用者の行動を正確にトラッキングする。たとえば、利用者が手にした商品は自動的に仮想カートに入り、手にした商品を棚に戻すとカートから除かれる。商品を持って出口を通過すると精算が行われ、Amazonアカウントに料金が請求される。

扱っている商品は、牛乳やパン、チーズ、調味料、菓子類といった基本的な食料品、店内の調理場で作られる総菜、サラダ、サンドイッチなど中食、約30分で調理できる2人分の料理の材料および調味料をパッケージにした「Amazon Meal Kits」など、忙しい人たちの食事の時間短縮をサポートする品揃えになっている。店内の広さは1,800平方フィートと米国の食料品店としては小さく、コンビニエンスストアに近いサイズだが、利用者の流れを止めるレジがないため利用者がスムースに店内を移動でき、コンパクトな店内で効率的に目的の商品を見つけられる。

(Yoichi Yamashita)